出金上限が高いオンラインカジノ!出金するときの注意点

出金上限が高いオンラインカジノ!出金するときの注意点

「オンラインカジノで高額な勝利金を得ても、出金上限があって出金できない・・」

こんな悩みを抱えていませんか?

今回は、オンラインカジノの出金上限が高いオンラインカジノを紹介します。

出金上限が高いオンラインカジノ

サイトの規定に出金上限がない、または出金上限が高額なオンラインカジノをまとめてみました。

オンラインカジノ名 出金上限(月間)
エルドアカジノ 無制限
ユースカジノ 無制限
ワンダーカジノ 1億円(実質無制限)
ビットカジノ 50BTC
ウィリアムヒル 無制限

出金上限額が無制限のオンラインカジノは2つしかありません。

しかし、実質無制限といえる高額な上限のカジノは存在しています。ハイローラーの方でも、月に「数千万円〜1億円」規模の出金可能額があれば安心です。

エルドアカジノ

エルドアカジノ 公式画面

月間の出金上限額 無制限
出金スピード 数分~数十分
出金に使える決済手段 ・エコペイズ
・スティックペイ
・アイウォレット
・仮想通貨

サイトの特徴

エルドアカジノは、出金額上限なし・出金スピード最速が売りのカジノです。1日・週・月間に至るまで、出金額について制限はありません。

もちろん出金手数料も無料で、業界最速「2分」という驚異の出金スピード。たとえ高額出金であっても迅速に対応してくれます。仮想通貨にもしっかりと対応している点も魅力です。

ユースカジノ

ユースカジノ 公式画面

月間の出金上限額 無制限
出金スピード 数分~数時間程度
出金に使える決済手段 ・エコペイズ
・ヴィーナスポイント
・スティックペイ
・仮想通貨

サイトの特徴

ユースカジノは、出金上限無制限で、仮想通貨の出金にも対応したカジノです。出金スピードも平均5分〜10分程度と、業界最速の部類に入ります。

ただしユースカジノは、プロバイダーごとのゲーム専用ウォレット方式になっています。まとめて出金する際には、資金移動の必要があります。

ワンダーカジノ

ワンダーカジノ 公式画面

月間の出金上限額 無制限
出金スピード 数分~数十分
出金に使える決済手段 ・エコペイズ
・ヴィーナスポイント
・スティックペイ
・仮想通貨

サイトの特徴

ワンダーカジノは、月間の出金上限が「1億円」です。ただ、1回あたりの限度額が決まっています。

ヴィーナスポイント$5,000/回
それ以外の決済手段$1,000,000/回

ワンダーカジノでは、出金回数に制限はありません。出金が必要な場合は、複数回の出金依頼をかけましょう。

月に1億円の出金額上限があれば、実質出金上限なしと言えます。

ビットカジノ

ビットカジノ 公式画面

月間の出金上限額 無制限
出金スピード 即時~数分
出金に使える決済手段 ・仮想通貨
・エコペイズ
・銀行送金

サイトの特徴

ビットカジノは、出金上限が最大「50BTC」まで対応しています。

仮想通貨を用いてオンラインカジノをする方には、オススメです。また、仮想通貨だけでなく、銀行送金や日本円での入出金に対応している点にも注目です。

ベットティルト

ベットティルト 公式画面

月間の出金上限額 無制限
出金スピード 24時間~72時間
出金に使える決済手段 ・エコペイズ

サイトの特徴

ベットティルトは、1回の出金上限額が高額です。

日本円だと最大4,000万円
アメリカドルだと最大$150,000

出金に関しては、1回あたりの上限だけで、月間の上限については決まりがありません。ただ出金処理には、1営業日必要になります。

ベットティルトはエコペイズしか利用できない点と、出金完了まで他に比べて時間がかかる点には注意が必要です。

オンラインカジノから出金するときの注意点

オンラインカジノから出金するときに注意するべき点は、次のような項目です。

  • 本人確認が必要
  • カード情報の提出が必要
  • 直近の入金手段しか出金できない

オンラインカジノからの出金は、少し複雑に思えます。しかし、書類は一度提出するだけで十分です。

出金に関わるルールも殆どのオンラインカジノで共通。出金の主要なルールを覚えておくと、どのサイトでもスムーズに出金が行えるようになります。

本人確認が必要

オンラインカジノ プレイ風景

オンラインカジノでは、マネーロンダリング防止から、出金に対してプレイヤーの本人確認(Know Your Customer)が必要になります。

手続き完了前は、取得ライセンスの規定により、サイト側は出金作業に応じることができません。アカウント登録後は速やかに行っておきましょう。

申請項目 申請タイミング
プレイヤー本人確認(KYC) アカウント登録後
(随時申請可能)
注意点 必要書類の画像が必要。
承認まで最長72時間要する場合もある。

本人確認(KYC)のやり方

どのオンラインカジノでも、本人確認(KYC)のやり方は変わりません。

以下にご紹介する必要な書類を揃えて、サイトの指定する方法でサポートへ提出します。

本人確認書類 住所確認書類
運転免許証(裏表)
パスポート(写真掲載ページ)
マイナンバーカード(裏表)
住民基本台帳カード
外国人登録証 など
公共料金利用明細
住民票
クレジットカード利用明細 など
(※発行3ヶ月以内のものに限る)

提出書類は、以上の2項目です。アカウント登録情報と照らし合わせて、承認がもらえれば完了です。

【1.本人確認書類として受付可能な書類】
・運転免許証(表・裏)
・パスポート(顔写真が記載されているページ)
・マイナンバーカード(表)
・住民基本台帳カード(表・裏)
・外国人登録証(ARC)(表・裏)
(参照)ユースカジノ よくある質問

カード情報の提供が必要

オンラインカジノで使えるデビットカード会社

オンラインカジノでは、クレジットカード利用時に出金前に「カード情報の提出」が必要になります。

申請項目 申請タイミング
クレジットカード情報 クレジットカード利用時
(利用後は随時可能)
注意点 利用したカードは全て対象

クレジットカードの情報提供のやり方

カード番号の桁数など、カードの種類やサイトの条件にだけ注意しましょう。クレジットカード情報提出内容は、次の通りです。

カード(表面) 頭6桁と末尾4桁だけが見えるように付箋で隠した状態
カード(裏面) 必ず署名がしてある状態で、CVC(CCV)コードを付箋で隠した状態

カード情報を提出するときに注意したいのが画像の加工です。禁止番号などを隠すために、編集ソフトなどで加工をすると、非承認扱いになります。必ず付箋などを用いて隠すようにしてください。

また、本人が一緒に写っていること、サイト名をメモに書いたものを一緒に写すなどの条件がある場合もあります。提出前には、サイトごとの情報提出規約も確認しておきましょう。

直近の入金手段しか出金できない

電子決済口座一覧

電子決済サービスは、入金実績のある口座だけが出金先に指定できます。

  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • マッチベター
  • スティックペイ
  • 仮想通貨ウォレット

一度でもオンラインカジノに入金に使用すれば、出金先として解放されます。出金可能額はサイト規定内上限になります。

しかし、入金額と同額までの出金に限定といった制限のあるところもあります。

利用口座情報提出のやり方

オンラインカジノによっては、「決済口座情報」の提出を求められます。資料提出時の主な必要ポイントは次の通りです。

項目 詳細
利用者確認 利用者がわかるIDページなどのスクリーンショット
口座確認 口座の詳細がわかるページアドレスも含めたスクリーンショット
その他 取引履歴が見えるページなど、サポートの求める内容

提出するときの注意点は、ページのアドレスも含むスクリーンショットであることです。。該当ページの「アドレスバー」まで忘れずに含めてください。

関連ハイローラー向けオンラインカジノ比較!

まとめ

オンラインカジノで出金を行う際には、その取り扱う金額の大きさからも、最初だけ「確認作業」が多くあります。

しかし一度手続きを行っておけば、次回以降の出金はスムーズに行えるので、早めに行っておきましょう。またプレイに関しての不正や、マネーロンダリングの疑いなどが発生すると、内容はこの限りではありません。国内での税金に対しては、税理士の専門家の意見なども聞きながら、間違いのないようにしていきましょう。

高額になるジャックポット当選時の出金上限額は、サポートに相談することにより一時的に解放されるケースが殆どです。しかしハイローラーの方で、毎日の積み重ねで得た勝利金をコンスタントに出金するには、期間出金限度額はとても重要です。

今回ご紹介した「出金制限の上限が高額なオンラインカジノ」を、ぜひメインのサイトとしてご利用ください。

オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。