オンラインカジノの確定申告はいるの?確定申告しないケースを解説

オンラインカジノの確定申告はいるの?確定申告しないケースを解説

オンラインカジノって「儲けたお金があれば確定申告する必要があるの?」と思っていませんか?

オンラインカジノは、原則勝利金に対して税金がかかります。

ただ、「勝利金が50万円以下のとき」と「オンラインカジノからの勝利金の引出しが50万円以内のとき」は確定申告の必要がありません。

つまり、オンラインカジノにかかる税金は「カジノサイトから引き出した金額」に対してかかるということです。

では、具体的にどうすれば確定申告せずに済むのでしょうか?

オンラインカジノで儲けたら確定が必要なのか?

オンラインカジノの勝利金は一時所得に該当

オンラインカジノで儲けたお金に対して、税金がかかることはすでに周知のことだと思います。

オンラインカジノの勝利金については、一時所得となり、課税対象となります。

一時所得とは、その年の突発的に発生した収入に対してかかる税金であり、以下のようなものが挙げられます。

  1. 懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払戻金
  2. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
  3. 法人から贈与された金品
  4. 遺失物拾得者や埋蔵金発見者の受ける報労金

宝くじの懸賞金や競馬、競輪の払戻金も、法律上は一時所得となります。

しかし、競馬で勝ったお金に対して、税金を払ったことがあるでしょうか?

オンラインカジノに確定申告が必要な理由は受取り方にある

ギャンブルのお金の受け取り方

オンラインカジノだけ一時所得として、確定申告が必要な理由は、勝利金の受け取り方にあります。

競馬や競輪は、その場で「現金」で払戻金を受け取りますが、オンラインカジノはネット上であるため、儲けたお金を銀行口座に振り込んでもらう必要があります。

そのため、銀行口座の異動明細によって、所得金額が記録に残ることにより、オンラインカジノの勝利金が課税対象となるのです。

では、オンラインカジノでは「いつ」確定申告が必要になるのでしょうか?

オンラインカジノはどんなとき確定申告するべきなのか?

オンラインカジノで得た利益が50万円を超えたら確定申告

あくまでも目安ですが、オンラインカジノでの勝利金の合計が50万円を超えた場合、確定申告が必要になります。

ただ、サラリーマンの方であれば、50万円にプラス20万円の70万円の利益までは、確定申告をせずにそのままの状態で受け取ることが可能です。

オンラインカジノの利益計算方法

一時所得の計算式は以下の通りです。

  • 【一時所得】=【収入金額】ー【支出金額(経費)】ー【特別控除(最高50万円)】

一時所得に対しては、最高50万円まで特別控除として収入金額から差し引くことが可能です。

そのため、オンラインカジノで得た利益のうち50万円以内であれば、確定申告の必要はありません。

また、サラリーマンの方であれば、給与以外の所得が20万円以上の時、確定申告の必要があり、もともと控除される50万円と合計して70万円までの勝利金であれば確定申告の必要はありません。

オンラインカジノの経費は勝利金を得たときの賭け金のみ

しかし、オンラインカジノでの確定申告の際に注意するべきポイントがあります。

一時所得の計算式にある「支出金額(経費)」は、1年間の損失金額ではなく、勝利金を得たゲームに賭けた金額のみをさします。

【確定申告が必要な例①】

Aさんがスロットに100円賭けた時、大当たりを引き当て100万円になったとします。

しかし、調子に乗ってスロットを回し続けたところ、勝利金の100万円を使い切ってしまった場合、確定申告する必要はあるのでしょうか?

結論から言うと、確定申告しなければいけません。

例①の場合、収入金額は100万円です。では、支出金額はいくらになるでしょうか?

この場合、支出金額は100円です。もし、手持ちに1円も残ってなくても、100万円に対してかかる税金を納めなければなりません。

オンラインカジノの支出金額については注意が必要です。

オンラインカジノで確定申告をしなくて済む方法は?

オンラインカジノの勝利金に確定申告が必要だとわかったとき、誰もが「確定申告しなくてもいい方法はないの?」と疑問に思うはずです。

オンラインカジノの勝利金を得ても、確定申告しなくていいケースは2つです。

  • オンラインカジノの勝利金を50万円以内に収める
  • オンラインカジノからの勝利金の引き出しを50万円以内に収める

オンラインカジノの勝利金を50万円に収めれば確定申告不要!

まず、当たり前ですが、オンラインカジノでの儲けをあえて50万円以内に収める方法です。

オンラインカジノには、ジャックポットという大当たりがあるため、勝利金をコントロールすることは難しいですが、50万円以内に止めれば、確定申告の必要はありません。

カジノサイトによっては、過去の勝利金一覧を見ることができる場合もあるため、定期的に勝利金の金額を確認しておきましょう。

オンラインカジノから勝利金の引出しを50万円に留めれば確定申告不要!

2つ目は、オンラインカジノからの引き出し金額を50万円以内に収める方法です。

冒頭でも書いたように、税務署は、オンラインカジノからあなたの銀行口座に振り込まれた金額を課税対象とします。

また、オンラインカジノは海外企業が運営しているため、各カジノサイトで勝った金額までは把握することは不可能です。

そのため、オンラインカジノからの勝利金の引き出し金額を50万円以内に収めてしまえば、確定申告をする必要はないということです。

オンラインカジノで得た収益はどうやって確定申告するの?

しかし、オンラインカジノで何百万円もの収益を上げる可能性もゼロではありません。

そんな時のために、オンラインカジノで得た収益の確定申告の方法について知っておきましょう

確定申告の時期について

まず、個人の所得は、「その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金」のことを指します。

もし、あなたが5月1日にオンラインカジノを始めたら、5月1日からその年の12月31日までに稼いだお金が所得金額になります。

確定申告が必要な場合には、翌年の2月16日から3月15日までの間に、税務署に申告する必要があります。

1人で確定申告書を作成するのは、困難であるため、税理士の方に依頼することがおすすめです。

オンラインカジノの確定申告に必要な書類

オンラインカジノの確定申告に必要な書類は、以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 経費の領収書

「源泉徴収票」は企業勤めであれば、年末年始に企業から受け取ることができますし、「支払調書」は年末年始ごろにオンラインカジノから受け取ることが可能です。

「経費の領収書」は、オンラインカジノの勝利金を得るためにかかった費用がわかる書類があれば、準備しておきましょう。

まとめ)オンラインカジノの確定申告はいるの?確定申告しないケースを解説

オンラインカジノで儲けたお金には、税金がかかります。

しかし、あくまでもオンラインカジノから引き出した金額に対して課税対象となるため、カジノサイト内に留めておけば確定申告の必要はありません。

ただ、その他の一時所得にも注意を払う必要があります。

オンラインカジノは、たった数分で何十万円もの収入を得ることができます。

そのため、オンラインカジノの税金は、気をつけて取り扱うべきです。

オンラインカジノ 比較オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です