オンラインカジノの仕組み【儲かる仕組みを解説】

オンラインカジノ 仕組み

オンラインカジノって「海外の企業が運営していて、どんな風になっているか分からない」と思っていませんか?
オンラインカジノは、5つの団体から成る安全でイカサマのないギャンブルです。

ただ、オンラインカジノのことをよく知らないと、悪質なカジノサイトにだまされる可能性もあります。
当記事で、オンラインカジノ運営の仕組みを知り、安全なサイトの見つけ方を理解しましょう。

オンラインカジノとは?基礎知識を身につけよう!オンラインカジノとは?基礎知識を身につけよう!

オンラインカジノ運営における5つの構造の仕組み

オンラインカジノ 構造 図【オンラインカジノの全体像】

オンラインカジノは、運営者だけなく、5つの団体で成り立っています。
オンラインカジノが5つの団体に分かれているのは、安全性・信頼性を維持するためです。

互いに監視し、牽制し合うことで、不正を抑制しており、プレイヤーが安心して遊べる環境が提供されています。

では、5つの機関について解説していきます。

①プレイヤー(あなた)

オンラインカジノは、世界各国でプレイできるため、プレイヤーの人口は4000万人に上ると言われています。
そのうち日本人は100万人で、今後、カジノ法案の可決などもあり、伸び続けると予想されいます。

現在は、他のギャンブルに比べ、知名度は低いですが、今後プレイヤーの人口は増え続けるため、あらかじめ参入しておくのも手かもしれません。

オンラインカジノは稼げるのか?

 

②運営会社

運営会社一覧

運営会社は、ベラジョンカジノやインターカジノなど、オンラインカジノを経営する企業のことを指します。
運営会社は、カジノが合法化されている国のライセンス(営業許可証)を取得しなければならず、安全性の高い企業しか始めることができません。

オンラインカジノを始めるときは、運営会社がライセンスを取得しているか確認する必要があります。
オンラインカジノのライセンスを得るには、半年以上かかり、企業の経歴、財務状況、安全性の審査があるため、取得できていれば信頼のおける会社と言えます。

 

③決済会社

決済会社一覧

決済会社とは、オンラインカジノ運営者とプレイヤーの金銭のやり取りを仲介する機関のことです。
代表的なのは、ecoPayz(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)などで、オンライン上でプレイヤーの資金を管理できます。

オンラインカジノで使用される通貨は、ドルもしくはユーロであるため、円で直接入金すると為替手数料がかかります。
プレイヤーに対する手数料に対するストレスを軽減するため、決済会社を通じて資金を送金または、受け取ります。

 

④ソフトウェア会社

ソフトウェア会社一覧

ソフトウェア会社とは、オンラインカジノでプレイするカジノゲームを制作している機関のことです。
オンラインカジノでは、運営会社が各ソフトウェア会社と提携し、カジノゲームをプレイヤーに提供しています。

そのため、オンラインカジノ運営者は、カジノゲームを一切操作することはできず、イカサマされる心配はありません。
ソフトウェア会社で人気があるのが、ライブカジノでは「マイクロゲーミング」や「ネットエント」、スロットでは「プレイテック」です。

 

⑤監査機関

審査会社一覧

監査機関とは、オンラインカジノ運営会社を定期的に審査する機関のことです。
運営会社がプレイヤーに対して、不正・イカサマをしていないか審査を行います。

オンラインカジノでは、監査機関の審査を定期的に受けないと、運営できない仕組みになっており、プレイヤーが安心して遊べる環境があります。
eCOGRAやiTechなどの監査機関を使用している運営者は、安全性が高いと言われています。

オンラインカジノの運営者は?

「ベラジョンカジノなどは、どこが運営(胴元)しているの?」と疑問に思う方も多いはずです。
オンラインカジノのほとんどは、日本ではなく、海外の大企業が運営しています。

カジノが合法化されている国において、オンラインカジノは、非常にメジャーな遊びであり、日本で言う宝くじや競馬のようなものです。
そのため、CMやプロスポーツチームのスポンサーになってたりもします。

オンラインカジノを運営するには、上記した通り「ライセンス(営業許可)」を取得する必要があるため、経営が安定している大企業しか運営することができません。

オンラインカジノの信頼の証であるライセンスとは?

では、オンラインカジノのライセンスとは、どんなものなのでしょうか?
オンラインカジノの信頼の証とも言えるライセンスについて詳しく解説します。

オンラインカジノはライセンスがないと運営できない

オンラインカジノにおけるライセンスとは、合法的に運営するために必要な許可証のことを言います。
もし、ライセンスを取得せずカジノサイトを運営していた場合、違法となり摘発されます。

ただし、オンラインカジノの運営者は、ライセンスを得る代わりに、収益の一部を政府に支払わなければなりません。

ライセンスは厳しい審査のもと海外政府が発行する

ここで疑問に思うのが、「海外政府は、ライセンスを発行すれば、政府の財源が潤うのだから、どんどんライセンスを発行するのでは?」ということです。
しかし、実際には、運営者がライセンスを得るのは非常に難しいです。

ライセンスを発行した海外政府は、許可を出したオンラインカジノが国際問題を起こした場合、仲介役として、相手政府と交渉をしなければなりません。
そのため、ライセンスを発行する企業に対して、非常に厳しい審査を行った上で、営業の許可を与えます。

無許可で運営するオンラインカジノもある

オンラインカジノを始める上で、気をつけなければならないのが、無許可でオンラインカジノを運営しているサイトです。
これまで数えきれないほどのオンラインカジノが誕生し、瞬く間に消えていきました。

その中には、海外政府からのライセンスを取得せず、運営していた企業も存在します。
オンラインカジノに対する取り締まりが厳しくなっているものの、まだ無許可で運営している企業が存在します。

オンラインカジノを始める時は、必ずどこの国のライセンスを得て運営しているのか確認しなければなりません。

安全なオンラインカジノを見分けるためには?

では、安全なオンラインカジノと悪質なオンラインカジノを見分けるためには、どうするべきでしょうか?

オンラインカジノを始める上で、チェックするべき項目は

  1. 運営期間の長さ
  2. ライセンスの発行国

の2つが挙げられます。

運営期間が長さは安全なオンラインカジノの証

あなたがオンラインカジノ初心者で、安全なサイトを見分けわれない場合は、「運営期間の長さ」を比較対象にしましょう。
運営期間が長いということは、これまで健全な経営を行い、不正なく運営を行ってきた証です。

5年以上オンラインカジノを運営していれば、安全なカジノサイトと言えるでしょう。

【運営期間が長いオンラインカジノ】

信頼度の高いライセンス発行国・政府

安全なオンラインカジノを見分けるためには、ライセンス発行国もチェックする必要があります。
海外政府によって、ライセンスを取得する審査の厳しさに差があるため、取得が難しい国の営業許可を得ているオンラインカジノは安全と言えます。

ライセンスの取得が難しい国は、「マルタ共和国」や「ジブラルタル」などが挙げられます。

【マルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノ】

  • ベラジョンカジノ
  • ワンダリーノ
  • カジ旅

オンラインカジノの還元率が高い仕組みについて

あなたは、以下の表をみたことがありますか?

【ギャンブルの還元率表】

ギャンブル名 還元率
オンラインカジノ 93〜98%
パチンコ 80〜85%
競馬 70〜80%
競艇 75%
競輪 75%
オートレース 70%
宝くじ 46%

還元率とは、プレイヤーがゲームに賭けた金額に対して、配当が戻ってくる割合のことです。
つまり、オンラインカジノは、他のどのギャンブルよりも、配当が多く戻ってくるということになります。

では、なぜオンラインカジノだけ高い還元率を保ってるのでしょうか?

高い還元率が出せる理由は、オンラインカジノ自体が儲かっているためです。
沢山プレイヤーに配当を出しても、儲かる仕組みになっているのです。

オンラインカジノの儲けの仕組みについて

オンラインカジノが、他のギャンブルとは違い、多くの配当を出せる理由は以下の通りです。

  1. 運営にかかるコストが少ない
  2. 運営できる時間が長い
  3. 政治的規制がない

ギャンブルは、必ずハウスエッジ(胴元の取り分)があり、競売や競輪では胴元に25%も抜かれてしまいます。
競輪や競馬は、必要経費が高く、25%もハウスエッジを取らないと利益が出せないビジネスモデルなのです。

一方、オンラインカジノは、以上の3つの理由により収益性が高く、ハウスエッジが5%でも十分利益が出る仕組みになっているのです。
では、配当を出せる理由について一つずつ解説していきます。

運営コストが少ない

オンラインカジノには、実店舗が存在せず、インターネット上にサーバーという店舗を開設し、ゲームをする環境を提供しているにすぎません。
カジノゲーム自体についても、ソフトウェア会社から提供を受けているだけです。

パチンコや競馬のように大きな施設なく、人件費も少なく済むことは自明の理です。
経営にかかる経費が少なければ、それだけオンラインカジノが儲かるのは当たり前とも言えるかもしれません。

 

営業時間が長い

オンラインカジノは、日本だけなく、世界各国のプレイヤーがカジノゲームをプレイしています。
つまり、24時間どこかの国で、オンラインカジノが利用されており、営業しているということです。

オンラインカジノ運営にかかるコストが少ない上に、プレイ人口、プレイ時間が多ければ、利益が出るのは当たり前のことかもしれません。
世界中のプレイヤーが参戦しているからこそ、高い収益率と、それに伴う配当が出せる仕組みになっているのかもしれません。

 

オンラインカジノは政治的な規制が少ない

宝ぐじや競馬などは国営ギャンブルであり、還元率が非常に悪くなっています。
要するに、国が絶対儲かるような仕組みになっているということです。

一方、オンラインカジノは、民間の企業が運営しているため、政治的規制は少ないです。
競馬のように政治的な側面が絡むと、天下り先確保のための資金などかかる費用も大きくなってきます。

その費用を誰のお金で支払っているかというと競馬に参加している人たちです。
オンラインカジノでは、そういった規制や費用が少ないためプレイヤー(あなた)への還元ができるというわけです。

まとめ)オンラインカジノの仕組み!儲かる仕組みを解説

オンラインカジノは、運営会社だけなく、ソフトウェア会社や審査会社など複数の機関によって組織されています。
いくつもの機関が、相互に牽制し合うことで、プレイヤーが安心してカジノゲームで遊べる環境が提供されているのです。

加えて、他のギャンブルよりも、オンラインカジノは「収益性」が高く、その分プレイヤーへの配当も多く設定されています。
仕組みを知れば、オンラインカジノで稼ぐ方法を見つけることができるでしょう。

おすすめオンラインカジノ比較!を参考に、あなたに合ったカジノを発見してください。

◉オンラインカジノ基礎知識 MENU◉
オンラインカジノは違法?合法?
オンラインカジノの仕組みは?
オンラインカジノは稼げるの?
オンラインカジノに税金はかかる?
オンラインカジノは危険?
オンラインカジノとは?基礎知識を身につけよう!オンラインカジノとは?基礎知識を身につけよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です