ルーレットで確実に増やす!必勝法でコツコツ稼ぐルーレット投資

ルーレットで確実に増やす!必勝法でコツコツ稼ぐルーレット投資

ルーレットで資金を確実に増やす方法は?

ルーレットで資金を確実に増やすには、システムベットを使用しましょう。
バーネット法などの攻略法を使い、利益をコツコツ出すことでトータルの収益をプラスにできます。

今回は、ルーレットでコツコツ資金を稼ぐ方法について解説します。

関連オンラインカジノのルーレットで1日1万稼ぐ

おすすめオンラインカジノ
ベラジョンカジノ
ベラジョンカジノ ロゴ
ミスティーノ
ミスティーノ ロゴ
インターカジノ
インターカジノ ロゴ

ルーレットで確実に増やす方法

オンラインカジノのルーレットで、確実に資金を増やすならシステムベットで感情を含めない冷徹な賭けをすることをおすすめします。

まずはルーレットにおすすめのシステムベットを紹介していきましょう。

ルーレットでコツコツ稼ぐための必勝法

数ある攻略法(手法)の中でも、堅実性の高いといわれるものを集めてみました。

・マーチンゲール法
・ココモ法
・グッドマン(1235)法
・バーネット(1326)法

どの手法も最初に賭けたエリアに継続して賭け続ける前提で利用します。それではそれぞれのやり方と特徴についてご紹介しておきましょう。

マーチンゲール法|理論上負けない伝統手法

マーチンゲール法を簡単に説明すると、同じエリアに対してベット額を倍にしていくというやり方です。

やり方も非常に簡単で、初心者にもすぐに使えるというのもおすすめの理由になります。

「理論上負けない(必ず勝つ)」といわれている有名な手法で、一回の勝利で全ての損失を取り戻すことができるのが特徴です。

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。
(参照)ベッティングシステム マーチンゲール法

関連:マーチンゲール法を実践!

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法は「配当2倍(勝率50%)」に対し利用します。
タイミングとしては負けた後の次ゲームから利用できます

①初回「$1」ベットして負け
②次ゲームでは「倍の$2」をベット
③$2でも負けた場合は次ゲームでは「さらに倍の$4」でベット
④当たれば終了、負けた場合は③の倍の「$8」のベット・・
⑤以降連敗時は前回の倍額のベットを繰り返し、勝利時はその時点で終了

▶︎連敗時のイメージは次のようになり、勝利時の配当金は「累計損失額+$1」となります。

連敗数 ベット額 累計損失額 勝利配当額
1回目 $1 $1 $2
2回目 $2 $3 $4
3回目 $4 $7 $8
4回目 $8 $15 $16
5回目 $16 $31 $32

このベット法の注意点

また連敗時はベット額も大きくなっていくので、テーブルのマックスベットと自己資金の確認は必ずしてください。

下記の表のように、$1スタートからでも10回連敗した時点では「$1,023」の累計損失が出るので注意しましょう。

連敗数 ベット額 累計損失額 勝利配当額
8回目 $128 $255 $256
9回目 $256 $511 $512
10回目 $512 $1,023 $1024

ココモ法|連敗するほどに勝利金が増える手法

ココモ法は、連敗するほどに勝利金利益が大きくなるというのが特徴です。

一度勝利できればそれまでの累計の損失額を回収し、さらに勝利金に弾みをつけることができる手法になります。

ココモ法のやり方

ココモ法は「3倍(勝率30%)」のエリアに利用します。
好きなタイミングから利用できます。
※1ユニット(ベット額の基準)を決める(※今回は仮に「$1」と設定。)

①1回目のベット:1ユニット「$1」
②2回目のベット:1ユニット「$1」
※ベット累計額「$2」
③3回目のベット:2ユニット(①+②の合計)「$2」
※ベット累計額「$4」
④4回目のベット:2ユニット(②+③の合計)「$3」
※ベット累計額「$7」
⑤勝利すれば常にその時点で終了です。
負けた場合は「前々回+前回の合計」をベットしていきます。

▶︎「$1=1ユニット」を例にした「連敗時ベット額・累計損失・勝利配当金」は次の通り

連敗数 ベット額 累計損失額 勝利配当額
1回目 $1 $1 $3
2回目 $1 $2 $3
3回目 $2 $4 $6
4回目 $3 $7 $9
5回目 $5 $12 $15
6回目 $8 $20 $24
7回目 $13 $33 $39
8回目 $21 $54 $63
9回目 $34 $88 $102
10回目 $55 $143 $165

このベット法の注意点

ココモ法は「配当3倍(勝率30%)」のエリアに対して利用するので、配当を得られるまでやや時間がかかる恐れがあり、結果が出るまでには長期戦が予想されます。

また連敗するほど余剰が増えるという点で深追いしすぎないように、損切りのポイントを自分でしっかり定めておくことも必要です。

グッドマン(1235)法|確実に増やすためにうってつけ

グッドマン(1235)法は勝利金を守りたい場合におすすめの手法。

グットマン法 利益を残せる

グッドマン法は連勝を前提に行いますが、仮に負けた場合にも$1ベットに戻るため、それまでに得た勝利金を残せるのが特徴です。

さらに連勝が続いた後に負けても「1回のベット最大損失額が$5」で済むという点は、他の手法に比べリスクが低いといえるでしょう。

グッドマン法のやり方

グッドマン法は「配当2倍(勝率50%)」に対し利用し、タイミングとしては勝利した次ゲームからになります。

「1235法」と言われるのは、ベット額を「1→2→3→5」の順で増減させていくためです。

ベットで勝利した時点からスタート
①1回目のベット:「$1」ベット
②勝利して2回目のベット:「1→2」で「$2」ベット
③勝利して3回目のベット:「2→3」で「$3」ベット
④勝利して4回目のベット:「3→5」で「$5」ベット
⑤以後は勝利し続ける限り「$5」ベットを繰り返します。
(※どの過程でも負けた場合は常に①に戻ります。)

▶︎グッドマン法で「1→2→3→5」1ループ勝利した場合の投資額・配当金累計は次の通り。

ベット回数 ベット額 累計投資額 勝利配当額
1回目 $1 $1 $2
2回目 $2 $3 $4
3回目 $3 $6 $6
4回目 $5 $11 $10
合計 $11 $22

このベット法の注意点

グッドマン法は勝利した後に利用できる手法になります。最初の勝利は、自分の実力により引き起こさねばなりません。

またリスクも低い代わりに得られる勝利金も少ないという点と、「連勝」しなければその効果を発揮できない点にご注意ください。

バーネット(1326)法|早い段階で利益が出せる

バーネット(1326)法も勝利時の利益を守りつつ、堅実に勝利金を増やすための手法です。グッドマンに比べ、早い段階で利益が出せるのが特徴。

一度の損失も最大「$6」とリスクも低いので、流れを掴むまでの間に有効なシステムベットといえるでしょう。

バーネット(1326)法のやり方

バーネット法は「配当2倍(勝率50%)」に対し利用し、タイミングとしては勝利した次ゲームからになります。

「1326法」と言われるのは、ベット額を1→3→2→6の順で増減させていくためです。

ベットで勝利した時点からスタート
①1回目のベット:「$1」ベット
②勝利して2回目のベット:「1→3」で「$3」ベット
③勝利して3回目のベット:「3→2」で「$2」ベット
④勝利して4回目のベット:「2→6」で「$6」ベット
⑤以後は勝利し続ける限り「$6」ベットを繰り返します。
(※どの過程でも負けた場合は常に①に戻ります。)

▶︎バーネット法で「1→3→2→6」1ループ勝利した場合の投資額・配当金累計は次の通り。

ベット回数 ベット額 累計投資額 勝利配当額
1回目 $1 $1 $2
2回目 $3 $4 $6
3回目 $2 $6 $4
4回目 $6 $12 $12
合計 $12 $24

このベット法の注意点

こちらもグッドマン法と同じく、勝利した後に利用する手法であることと、連勝が前提のものになります。

勝ったり負けたりする「一進一退」の状況では、小出しに損失が増えていく点には注意が必要です。

ルーレットで確実に資金を増やすならオンラインカジノ

ルーレットで確実に資金を増やしたなら、やはりオンラインカジノはおすすめのツールです。その理由についてご説明していきましょう。

オンラインカジノのルーレットがなぜおすすめなのか?

オンラインカジノのルーレットがなぜおすすめなのか?それには次のような特徴が大きなポイントになります。

・控除率の低さ
・資金が少なくても勝負できる
・初回入金ボーナスが活用できる

この特徴について詳しくご説明していきましょう。

控除率(ハウスエッジ)の低さ

下記の表は主なギャンブルの控除率(ハウスエッジ)を示したものです。「控除率」とは、簡単に言えば運営側の得る手数料の割合です。

ルーレット プレイヤーが有利

控除率が少ないほど、プレイヤーに還元する割合が多い、つまり「プレイヤーが有利」ということ。

パチンコや競馬などの代表的な日本のギャンブルに比べ、圧倒的にルーレットは控除率が低いのがわかります。

ギャンブル名 控除率
ルーレット 2~5%
パチンコ 20%
競馬・競艇・競輪 25%
宝くじ・サッカーくじ 約46%~50%

ルーレットの違いに注意

同じルーレットでも「0」がひとつのヨーロピアンと、盤面に「00」が増えるアメリカンでは控除率が変わる点にご注意ください。

ルーレットをプレイする場合は、「0(シングルゼロ)」のヨーロピアンルーレットをおすすめします。

項目 控除率 特徴
ヨーロピアン 2.7% 盤面数字37個「0」のみ
アメリカン 5.26% 盤面数字38個「0」と「00」あり

資金が少なくても勝負できる

オンラインカジノのルーレットは、$0.5〜の少額プレイにも対応しています。

入金に関しても、多くのオンラインカジノで$10〜$20程度から行え、なんと日本円で500円から対応しているサイトもあります。

オンラインカジノ プレイ画面

ランドカジノのように入場料や渡航費も気にせず、わずかな自己資金でも充分に本格的なルーレットが楽しめるのは、オンラインカジノだけでしょう。

初回入金ボーナスが活用できる

オンラインカジノの「初回入金ボーナス」は、自己資金を大幅に増やせるので、リアルマネーを守りながらも稼ぐことができます。

ベラジョンカジノ ボーナス

またプレイ実績に応じてもらえるリベートボーナスや、損失を補うキャッシュバックなども、オンラインカジノならではの魅力といえるでしょう。

これらを活用することで、より効率的な収益が望めます。

ルーレットに必勝法はあるのか?

ルーレットに必勝法はあるのか?残念ながらギャンブルは必ず胴元が儲かるシステムなので、プレイヤーが100%必ず勝つ必勝法はありません。

しかしシステムベットの中には、もしかしたら「必勝法」と呼べるかもしれない状況が見えるものもあります。ここではその理由についてご説明しておきましょう。

マーチンゲール法のルーレット勝利確率

2倍配当エリア(18/37=当選率48.6%)に使用する「マーチンゲール法」を、ルーレットで試行回数を重ねた場合におけるベット回数ごとの勝利期待値になります。

連敗数 勝利期待値
2回目 73.6%
3回目 86.5%
4回目 93%
5回目 96.4%
6回目 98.2%
7回目 99%
8回目 99.5%
9回目 99.8%
10回目 99.9%

結果検証

マーチンゲール法の理論上の期待勝率だけで考えれば、10回目には「ほぼ100%近く当選する可能性がある」ということになります。

極論資金が尽きなければ、回数が増えるごとに高確率で当たるので「必勝法」と言えるものかもしれません。

必勝法と呼ばれる「スキャルピングルーレット」法

最近注目されているスキャルピングルーレット法は、FXのスキャルピング(小さい利幅で利益確定を繰り返し資産を増やす手法)からヒントを得た手法。

「ストレートアップ(数字1個)を狙う」という非常に珍しいこの手法だけは、「ルーレットの必勝法」ではないか?と言われています。

スキャルピングルーレットのやり方

スキャルピングルーレット法は「36倍(勝率2.7%)」のエリアに利用します。
好きなタイミングから利用できます。

①ベットせずにデータを取る(50回以上)
②データを見て「一度もヒットしなかった数字」にベットする
③ベット額を調整しながら当たるまで同じ数字に賭け続ける

簡単に言うとこのような流れになります。理論上は200回以内に当たれば必ず利益が出るというもの。

ベット額さえ間違えなければ、ストレートアップを狙う割にはリスクが低いやり方になります。

スキャルピングルーレット法の勝利確率

36倍配当エリア(1/37=当選確率2.7%)を使用するスキャルピングルーレット法の、試行回数別の勝利期待値は次の通りです。

~10回目までの勝利期待値 約24%
~20回目までの勝利期待値 約42%
~50回目までの勝利期待値 約75%
~100回目までの勝利期待値 約98%
~200回目までの勝利期待値 約99.6%

このベット法の注意点

とにかく一回でも多くのデータを取ることです。

50回以上を超えてもできるだけデータをとり、出ない数字の選択肢を絞っていく方が、ベット時の当選率がより上がっているということになります。

オンラインカジノ 少額

またベット額も$0.1などの少額からスタートし、ベット額の上昇も抑えていくということが必要です。

ルーレットで資金を確実に増やすには?

ギャンブルであるルーレットで、確実に資金を増やすには、計画性のある戦略と自身のメンタルがとても重要です。

ここでは「ルーレットで資金を確実に増やす考え方」について学んでいきましょう。

ルーレットで資金を確実に増やす考え方

ルーレット 確実に増やす

オンラインカジノのルーレットはギャンブルで必ず勝てる保証はありません。

資金を増やしたいのならば、次のような考え方をしっかりと持っていきましょう。

・大きく稼ごうとしない
・長期的な投資として割り切る
・必要に応じ勇気ある撤退

それぞれを詳しくご説明していきます。

大きく稼ごうとしない

ギャンブルの勝ちは小さく積み上げるもので、また「勝ち逃げ」できることが重要です。

希望や願望でのベットで高配当を狙うのではなく、利益は少なくとも勝ちやすいエリアや状況を狙ってプレイしましょう。

ルーレット コツコツ稼ぐ

一発逆転を狙うのは非常に危険な行為。そのような必要性が出ないように、勝利は小さく積み上げていきましょう。

長期的な投資として割り切る

投資と呼ばれる株やFXも、プレイヤー次第では「投機(ギャンブル)」になり身を滅ぼします。

逆に言えば、ギャンブルも「投資」としてきちんと自制や管理ができれば、これほど頼もしい収益源はありません。

ルーレット データ

ルーレットを投資先として、短期の運任せではなく、正しいデータなどの情報に基づいた長期的なプレイを心がけましょう。

必要に応じ勇気ある撤退

攻略法と呼ばれるシステムベットも、完全なものではありません。

状況に応じて深追いをせず、正しい「損切り」ができる撤退時期など、手法を使用する際にも自己ルールはきちんと設けておきましょう。

ルーレット 自己資金を守る

損切りは「損失」ではなく、「自己資金を守るために行う行為」としての自覚を忘れてはいけません。

オンラインカジノのルーレットで禁止されている賭け方

オンラインカジノのルーレットで禁止されている賭け方というものがあります。

・ディーラーが球を投げた後の賭け
・全ての数字にベットする
・2分の1で当たるエリアにどちらもベット

これらが指摘されると、最悪資金の没収やアカウント凍結といった厳しい処罰がありますのでご注意ください。

ディーラーが球をホイールに投げた後のベット

ディーラーがベットを締め切るので、基本的にできないようになってはいます。しかし、プロバイダーによっては稀に数秒間システムにタイムラグが出る場合があります。

故意にそのタイミングでベットし続けると、強制退場となるのでご注意くださ合い。

オンラインカジノ ルーレット プレイ画面

全ての数字にベットする

ルーレットで最もやってはいけないベットの代表ですが、インサイドベットで0(00)〜36全ての数字にベットするという行為は禁止されています。

入金ボーナス条件の消化などで、こういった行為をしないように注意しましょう。

2分の1で当たるエリアにどちらもベットする

「2ティアベット」というもので、アウトサイドベットの2分の1で当たるエリア(赤・黒や奇数・偶数など)の両方にベットすることは禁止されています。

またこれらの禁止ベットについては、事前に規約に記載されているので「注意」程度では済まない点にご注意ください。

関連:ルーレットでコツコツ稼ぐ!

まとめ:ルーレットで確実に増やす

オンラインカジノのルーレットで確実に資金を増やすには、ギャンブルである以上感情に左右されないシステムベットを活用することをおすすめします。

●ルーレットで堅実に稼ぐにはやはりシステムベットの活用
●オンラインカジノのルーレットは日本のギャンブルよりは優しい
●ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットがある
●必勝法は存在しないが負けにくい攻略法はある
●ルーレットには禁止行為がある

オンラインカジノはギャンブルですが、ルーレットのように研究次第で負けにくいゲームも存在します。長期的な投資として考え、デモプレイを利用した検証などもおすすめします。

検証した手法などのテクニックや損切りポイントを駆使して、ルーレットを確実に資金を増やす収益源にしていきましょう。

オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。