レッドドッグのルールと基本戦略、配当

カジノゲームの種類

 

レッドドッグのルールと基本戦略、配当

オンラインカジノで楽しめるレッドドッグ。
マイナーなイメージですが、1800年代からアメリカで楽しまれてきました。

さっそく概要を紹介しましょう。

オンラインカジノゲームの種類とルール、基本戦略
オンラインカジノゲームの種類とルール、基本戦略 オンカジ君 オンラインカジノゲームは種類が多く知らないゲームも沢山あります。そんなゲームの基本ルールや攻略法も解説しています。 このペ...

レッドドッグの基本ルール

レッドドッグがプレイされた当初は、あまり人気がでなかったとも。
古くからプレイされたものの、世界的に有名となったのはラスベガスでカジノが合法化された1931年とされます。

オンラインカジノでポピュラー。
リアルカジノでは、あまり見かけません。

かつて楽しまれていたバーに、赤毛の犬がいたところから命名されました。
諸説ありますが、この説は有力ですね。

さっそくゲーム内容の紹介に移りましょう。
まずプレイヤーに2枚のカードが配られます。
その数字に注目してください。

数字のあいだに3枚目カードの数字が入れば勝利となるものです。
たとえば、4と8が配られたならば、3枚目に6がくれば勝利。
いっぽう、9がきたならば敗北ですね。

別名でレッドドッグ・ポーカーとよばれますが、一般的なポーカーとちがい、手役を覚える必要はありません。

シンプルなゲームルールでしょう?
これならば初心者も安心ですね……。

ゲームのながれについて

まず、アンティもしくはベットと表記されているゾーンにチップをおいてください。
これでゲーム参加の意思表示となります。

カードはジョーカーを除く52枚を使用。
数字に関してですが、Aだけ14とみなしますから注意してください。

プレイヤーのベットが終了すると、ディーラーは2枚のカードを配ることに。
カードが配られた時点で3種類の判断をします。
それぞれを紹介しましょう。

・数字が並んでいるケース。

この状態をコンセクティブとよびます。
7,8のように並んでいるケースでは、あいだに数字が入り込めませんね。
3枚目は配られずに引き分けが成立します。

・数字が同じケース。

この状態をペアとよびます。
3枚目のカードが配られ、さらに同じ数字であったならばレッドドッグとよびプレイヤーの勝ちです。
この勝ちに対しては12倍の配当がつきますから、大きいですね。
3枚目のカードが違う数字であった場合は、引き分けとなります。

・数字が離れているケース。

この状態をスプレッドとよびます。
3枚目のカードが配られ、あいだに数字が入ればプレイヤーの勝ちです。

プレイヤーはここでさらに2つのアクションを選択できます。
最初にベットした額を倍にする(ダブル)か、そのまま(スタンド)か、を選んでください。

スプレッドの配当を紹介しましょう。
数字の離れ具合で難易度が変わり、配当も連動します。
あいだに数字が入る余地が1ならば賭けチップとあわせて6倍。

同様に余地が2ならば5倍、余地が3ならば3倍、余地が4以上ならば2倍となります。
ゲーム開始前にしっかりと理解しましょう。

3枚目のカードがあいだに入らなければプレイヤーの負け。
ベットしたチップはすべて没収となります。

レッドドッグの勝率と配当

スプレッドとなるケースにおいて、勝率および配当の認識は重要です。
さっそく解説しましょう。

まずスプレッド1から。
ちなみに、スプレッド1とは(数字と数字のあいだが1)あいている状態を指します。

配当は6倍で勝率は7.7%。
100回の事象に対して7.7回の勝利を意味します。
理解してくださいね。

同様に、スプレッド2は配当5倍で勝率15.4%。
スプレッド3は配当3倍で勝率23.2%。
スプレッド4は配当2倍で勝率30.9%。

スプレッド4以上の配当は2倍(イーブンマネー)です。

つづけましょう。
スプレッド5で勝率は38.7%。
スプレッド6で勝率は46.4%。

スプレッド7で勝率は54.1%。
スプレッド8で勝率は61.9%。
スプレッド9で勝率は69.6%。

スプレッド10で勝率は77.4%。
スプレッド11で勝率は85.1%。

最小の2と最大のA(14)でスプレッドは11ですから、これですべての事象を表記しました。

レッドドッグの攻略法(戦略)

配られるカードに左右されるレッドドッグ。
完全に運次第ですね。

攻略法はないのでしょうか?
初心者から質問がよせられました。

すこしだけヒントを。
それは、スプリットとなった際のアクションにポイントがあります。

さきほどの勝率に対して、とるべきアクションが存在することに。
配当とのバランスを重視してください。

掘り下げて説明しますね。
要は、勝つ確率に対して配当のバランスが釣り合っているのかを見るのです。

詳しい計算は割愛(かつあい)しますが、スプレッド1からスプレッド6までは確率に対する配当が少なく、プレイヤーにとって不利となります。

いっぽう、スプレッド7以上で勝率が50%(2回に1回の勝ち)を超えますから、賭けチップと合わせた2倍配当が有利となるはず。
お分かりですね……。

まとめ)レッドドッグのルールと基本戦略、配当

レッドドッグの概要を紹介しました。
攻略法をまとめましょう。

スプレッド7以上でプレイヤー有利となります。
この状況となったら、倍賭け(ダブルもしくはレイズ)がセオリー。

スプレッド6以下はスタンドがいいでしょう。
勝負の波にのっていると感じる場合には、スプレッド6もしくはスプレッド5でダブルもOK。

あとはチップの賭けかた(システムベッティング)を取り入れてゲームに臨んでください。
想像以上に楽しめますよ。

コメント