ライブカジノのブラックジャックは勝てない?勝つための4つのコツ

ライブカジノのブラックジャックは勝てない?勝つための4つのコツ

ライブカジノのブラックジャックは勝てます。どのカジノゲームよりも勝てます。
その理由は、勝つための方法が定められているため

確かに、ブラックジャックで毎ゲーム勝利することはできないでしょう。しかし、トータルの収支をプラスにすることは可能です。

ライブカジノのブラックジャックで勝つための4つのコツ

ライブカジノのブラックジャックで勝つためには、以下の方法がオススメです。

  • ベーシックストラテジー
  • カードカウンティング
  • 資金管理を行う
  • 考え方を変える

①ベーシックストラテジー

ベーシックストラテジーとは、ブラックジャックの基本戦略です。
自分の手とディーラーの手を見たときの最善手が、表にまとめられています。

表は、2種類あります。「Aかペアを持っているとき」「それ以外のとき」です。

【Aかペアを持っていないとき】

  ディーラーのオープンカード 
    10 

10 
11 
12 
13 
14 
15 
16 
17 

以上 

【手札にAがある場合・同じカードが2枚ある場合】

    ディーラーのオープンカード 

 

  10 
A,2 
A,3 
A,4   D
A,5 
A,6 
A,7 
A,8 
A,9 
  ディーラーのオープンカード 
  10 
2,2 
3,3 
4,4 
5,5 
6,6 
7,7 
8,8 
9,9 
10,10 
A,A 

【詳細】
H:ヒット
S:スタンド
D:ダブルダウン
R:サレンダー
P:スプリット

もちろん、この通りにプレイしたら必ず勝てる訳ではありません。運が悪ければ連敗もありえます。

しかし、闇雲にプレイするより圧倒的に勝率が高まります。ブラックジャックをプレイするなら、ベーシックストラテジーは活用するべきです。

関連:ベーシックストラテジーの使い方

②カードカウンティング

カードカウンティングとは、場にでたカードを覚えておくことです。
残りのカードを推測し、有利にその後の展開を進めていきます。

カードカウンティングは、カードを3つの区分に分ける事で、簡単に覚えられます。

  • 10,J,Q,K,A → -1
  • 7,8,9    → ±0
  • 2,3,4,5,6   → +1

ブラックジャックは、10とカウントするカードが圧倒的に多いゲームです。10とカウント出来る「10,J,Q,K,A」と「1か11になれるA」をまとめて-1カウントします。

反対に、低い数字もゲームにおいてカギを握ります。小さい数字が出るほど、バーストする確率が高まります。そこで、低い数字である「2,3,4,5,6」を+1カウントします。

残りの7,8,9は、ゲームにあまり影響を及ぼさないので±0です。

【プレイヤーが3人いた場合の対戦表】

プレイヤー1 プレイヤー2 プレイヤー3 ディーラー 合計 累計
-1 0 +2 +3 +5 +5
-2 +1 +1 -1 -1 +4

(例)
このように、対戦ごとにメモをとります。

この表の場合、+4となっており、小さい数字がかなり多く出ていることがわかります。

つまり、10のカウントのカードがかなり残っているのです。
そのため、高い数字を引きやすいので、積極的にヒットをしていくべきという判断ができます。

反対に、結果がマイナスだった場合は、慎重なプレイでディーラーのバースト待ちをする戦略が有効です。

小さい数字が多くでる可能性が高いので、待っていればディーラーがバーストしてくれます。

関連:ブラックジャックでカウンティング

③資金管理を行う

ライブカジノのブラックジャックで勝つためには、徹底した資金管理が必要です。

「ギャンブルで勝ったお金はギャンブルに消える」なんて言葉聞いたことありませんか?
これは、投資法を初めとした資金管理が出来ていないことが原因です。

ブラックジャックをやる上でオススメの資金管理の方法3つを紹介します。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は「理論上、絶対損しない投資法」です。仮に100連敗することがあったとしても、101戦目に勝つことで全ての負けを回収出来ます。

方法はシンプルで「負ける度に倍額を賭け続ける」ことです。
実際に、最初は1ドルベットからプレイを開始した場合を表にすると、以下の通りになります。

ゲーム数 ベット額 勝敗 収益
1 1ドル 負け -1ドル
2 2ドル 負け -3ドル
3 4ドル 負け -7ドル
4 8ドル 負け -15ドル
5 16ドル 勝ち +1ドル

マーチンゲール法では、負けるたびに賭け金を倍にします。倍にすることで、全ての負けが取り返すことができ、最初にベットした額と同額の利益を獲得出来ます。

最初に「理論上、絶対損しない」といいましたがこれは手持ちの資金が尽きない限りという意味です。

最も古典的かつ有名な手法で、カジノ必勝法として永らく愛されてきた。倍賭け法とも言われる。
まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。
(参照)ベッティングシステム マーチンゲール法

パーレー法

パーレー法は、勝つごとにその倍額をベットしていきます。そうすることで、収益が倍々的に増えます。

1ドルベットからプレイを開始した場合を表にすると、以下の通りです。

ゲーム数 ベット額 勝敗 収益
1 1ドル 勝ち +1ドル
2 2ドル 勝ち +3ドル
3 4ドル 勝ち +7ドル
4 8ドル 勝ち +15ドル
5 16ドル 勝ち +31ドル

このように、わずか5ゲームでたった1ドルから31ドルの利益がでます。

仮に負けてしまっても、勝った額をそのまま賭けているので損失にはならないので、精神的にも金銭的にも安心です。

自分ルールを作成する

投資法も利用と同じくらい重要になるのが自分ルールを作成です。

自分ルールとは、以下のようなものです。

  • 〇万円勝ったら終わりにする
  • 〇万円負けたら終わりにする
  • 〇時間やったら強制終了

自分ルールを作ることで、勝ち逃げができます。また、負ける時も損切りして大負けを防げます。

人間は感情に逆らえない生き物です。防止する為にも、あらかじめルールを決めておきましょう。

③ディーラーとの対決という認識を持つ

ライブカジノのブラックジャックで勝つための4つ目のコツは、他のプレイヤーの動向を気にしないということです。

ライブカジノでは、他の方のアクションが分かります。そのため、勝てている人のマネをしたくなります。
しかし、勝てている人は、たまたま連勝しているだけかもしれません。

ブラックジャックで安定的に勝つ利益を出すには、攻略法を規則的に続けることが必要です。他のプレイヤーを気にせず、ベーシックストラテジーにそってプレイしましょう。

ライブカジノのブラックジャックで勝てない理由

ライブカジノのブラックジャックで勝てない理由は、以下の3つです。

  • 攻略法を使っていない
  • 投資法を使っていない
  • 周りのプレイヤーを気にしすぎる

攻略法を使っていない

ライブカジノのブラックジャックで勝てない1つ目の理由は、攻略法を使わないことです。
なぜなら、ブラックジャックは攻略法を使ったうえで、最も勝ちやすいゲームと言われているためです。

攻略法とは、ベーシックストラテジーやカードカウンティングのことを指します。
攻略法の使用は、ライブカジノのブラックジャックをプレイするうえで重要です。

投資法を使っていない

ライブカジノのブラックジャックで勝てない2つ目の理由は、投資法を使っていないことです。
投資法とは、マーチンゲール法などのシステムベットのこと。投資法により、適切な資金管理を行わないと、損失が膨らんでしまいます。

ギャンブルはどう頑張っても負ける時は負けます。その為、適切な資金管理が重要です。
投資法や自分なりのベットルールを作成しましょう。

周りのプレイヤーを気にしすぎる

ライブカジノのブラックジャックで勝てない3つ目の理由は、周りのプレイヤーを気にしすぎることです。

ライブカジノでは、1つのテーブルに複数人でプレイします。しかし、周りのプレイヤーのベットの方法が気になり、自身のプレーに集中できないことがあります。

注意散漫になり、ゲームの勝敗に影響している可能性は大いに有り得ます。

まとめ

ライブカジノのブラックジャックで勝てない理由と勝つためのコツを紹介してきました。

実際にプレイしてみて試行錯誤することが勝利への一番の近道なのでブラックジャックをたくさんプレイして自分なりのやり方を見つけてみてください

オンラインカジノでブラックジャック

オンラインカジノゲームの種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オンラインカジノで遊べるBJ一覧
オンラインカジノで遊べるBJ一覧