パチスロのやり方は?初心者がパチスロを始めるときに気をつけること

パチスロのやり方は?初心者がパチスロを始めるときに気をつけること

アニメ作品のパチスロが数多く導入されたことで、作品のパチスロで遊びたいと考えている人もいます。

しかし、パチスロの遊び方がわからなければ、ホールへ行っても遊べずに帰るだけになります。

この記事では、パチスロのやり方について紹介。初心者がパチスロを始める際は、これから紹介するやり方を確認して遊びましょう。

パチスロのやり方は?すぐには始められない

パチスロ プレイ画面

パチスロはホールへ行けば設置されていますが、ホールへ行けばすぐに始められるものではありません。

遊ぶためには色々なルールを覚える必要がありますし、ホール内の設備を理解しなければなりません。

ホールに置かれている設備を全て知ると同時に、終了した後の景品交換の手順についても覚える必要があり、様々な情報を知る必要があります。

こうした情報を知らなければならない現状では、ホールへ行ってもすぐに遊べる状況では無いのです。

関連パチスロ6号機おすすめランキング!

ホールへ行って覚えることが多々ある

ホールへ行ってスロット台を見つけたとしても、色々と現地で覚えることがあります。

また、ホール内の設備やデータなどの確認についても理解する必要があり、初心者にとってパチスロは難しいものとなっています。

知っている人と一緒にパチスロを打てばいいですが、1人で来店した場合は遊ぶために必要なルールを自分で覚える必要があります。

スタッフに聞いて始めるというのは気が引けると感じて、なかなか踏み出せない人もいます。

パチスロの機種を見極めないと勝てない

ディスクアップ プレイ画面

目当てのパチスロ機種を見つけたとしても、その機種が持っている設定や大当たりの状況などを知らなければ勝てません。

また、目当てにしている機種以外にも、パチスロで勝てると言われている機種を見極めないと勝てません。

パチスロで勝ちたいなら、現地で勝てる機種を探す必要があります。

関連:6号機の機械割が高い機種ランキング

初心者では負ける可能性が高いので注意すること

初心者はビギナーズラックで勝てるという話もありますが、現代のパチスロは設定が入っており、低設定であれば誰が打っても基本的に勝てません

初心者がパチスロで遊びたいと考えているなら、ある程度負けるという考えで打つほうがいいでしょう。

パチスロ 負ける

勝つために勝負するのであれば、勝つために必要な情報をしっかり得たから来店したほうが安心です。

パチスロのやり方・手順について

ここからはパチスロを遊ぶ際のルールや手順を解説します。

パチスロのやり方は難しいものではありませんが、設備などを理解しなければ気軽に遊ぶのは難しいでしょう。

今回紹介するのはどの店でも基本とされているパチスロのルールですので、しっかり覚えてから来店するように心がけましょう。

自分が遊ぶパチスロを選ぶ

まずは自分が遊ぶパチスロを選んでください。ホールには大量にパチスロが設置されていますが、遊ぶ台は自由に選んでも構いません。

ただ、隣に客がいる場合は、相手の方に失礼と思われる場合があるため、できれば少し離れた台で遊ぶといいでしょう。

また、勝てる機種と勝てない機種を確認し、パチスロでも出玉に期待できるものを見つけてください。

SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜絆2 プレイ画面

近年のパチスロは出玉性能が悪いものも多くなっており、大量獲得を狙う場合は出玉性能の良い台を見つける必要があります。

現金をサンドに投入してメダルを借りる

遊ぶ台を決定した後、現金をパチスロの隣にあるサンドに投入してください。

このサンドですが、現在は1,000円から投入できるものが多くなっており、500円などの硬貨を投入できるサンドはあまり導入されていません

現金をサンドに投入 パチスロ

店によってはサンドの位置がパチスロ台の隣に設置されておらず、特定の場所だけに存在するケースがあります。

その場合はサンドが置かれている場所に行ってメダルを借りてください。

メダルをスロットに入れて遊ぶ

サンドの貸し出しスイッチを押せばメダルが出てきますので、借りたメダルをスロットに入れて遊びます。

メダル スロット 投入

1,000円で貸し出されるメダルは50枚ですので、そこまで多くのメダルは借りられません。大量に必要な場合は10,000円を入れるなどの対応が必要です。

なお、5円スロットが近年導入されていますが、5円の場合はメダルが200枚貸し出されます。

低価格で長く遊べる利点はありますが、そこまで多くの利益は出ないので気をつけてください。

メダルが無くなったらサンドでまた借りる

メダルを入れて遊んでいたものの、メダルが無くなった場合は再びサンドにお金を入れて借りてください。

パチスロはなかなか当たらない機種も多くありますので、どんどんメダルは吸い込まれていきます。

パチスロで長く遊び続けたいと考えているなら、メダルを借りるための資金を確保する必要があるでしょう。予算がない場合は5円スロットを利用したほうが安心です。

メダルが大量に出たらドル箱に入れる

パチスロで遊んでいた時、大当たりなどで大量にメダルが出てくる場合もあります。とても嬉しい場面ですが、このメダルはそのまま放置するわけにはいきません。

パチスロ台の上に置かれているドル箱に入れて、メダルを保管するようにしましょう。

ドル箱 メダル保管

なお、2つ以上のドル箱が必要となった場合、店によっては店員を呼ばないともらえない場合があります。

その際はパチスロ台に設置されている店員を呼び出すボタンを押してください。

最近は各台計数システムを利用しているホールも

各台計数システム パチスロ

近年はメダルの数をしっかり確認するため、各台計数システムを導入するホールも増えています。

この場合はドル箱が設置されておらず、全て各台計数システム内でメダルが計算される仕組みとなります。

ドル箱を利用しなくてもいいため、メダルの出し入れが無いメリットはありますが、ドル箱を積むという楽しさはありません。

キリのいいところで止めてメダルを計算

自分が楽しんだと感じた場面、または資金が尽きてこれ以上遊べないと判断したところでパチスロを終了してください。

この時点でメダルがサンド内に残っている場合は払い出しを行い、サンドに入れたお金を使い切った状態にしておきます

カードコイン返却 パチスロ

メダルが残っている場合は、ジェットカウンターへ持っていき計算します。

各台計数システムの場合は計算する必要がないため、レシートを受け取って景品交換の場所に移動してください。

メダルを景品に交換する

パチスロ メダル数

メダルを計算した後、景品交換のフロアへ行って景品と交換します。

用意されている景品が、どれだけのレートで交換できるか記載されていますので、自分が持っているメダルで交換できるものを選んでください。

また、現金に交換したい場合は、特殊景品と交換してください。

特殊景品を受け取った後、パチンコ店の隣に設置されている景品交換所へ行けば、特殊景品を買い取ってもらえます。

メダルをホールに預けることも可能

また同じ店舗で遊びたいと考えている場合は、メダルをホールに預ける方法が使えます。これを貯メダルと呼びます。

預けたメダルは、会員カードなどで管理されており、次に来店した際にカードなどを見せれば必要なメダルが簡単に貸し出されるシステムです。

メダルを預けることで、次回の予算を節約できるメリットはあるものの、店が閉店した際のリスクが高くなるという問題もあります。

初心者がパチスロを遊ぶ際に気をつけるやり方

パチスロ リゼロ プレイ画面

ここまでパチスロのやり方を説明しましたが、初心者が気をつけなければならないルールがパチスロには多数存在します。

知っていなければパチスロで大きな損失を出す可能性がある他、店側から厳しい処分を受ける可能性があります。

ここからは、初心者がパチスロを遊ぶ際に気をつけるポイントをいくつか解説します。

パチスロのメダルは交換レートが高い

パチスロのメダルは、パチンコの玉に比べると交換レートが高くなっています。具体的には以下のルールで貸し出されます。

  • パチンコ:基本1玉4円
  • パチスロ:基本1枚20円

このように、パチスロのメダル1枚はパチンコ玉5つに該当するレートとなります。

1,000円で獲得できるメダルが50枚では、長くパチスロで遊ぶのはかなり難しくなります。ある程度のお金を準備して、長く遊べるように心がけましょう。

どうしても安く遊びたいなら5円スロットを探すこと

番長3 5円スロット プレイ画面

先程も少し説明しましたが、長く遊びたいと考えているなら5円スロットを探してください。

ホールによって導入されていない場合もありますが、5円と書かれる札などが設置されているようであれば、通常よりも安い価格でメダルを借りられます。

5円のスロットは長く遊べる他、低予算で気軽にパチスロを楽しめます。

しかし、利益という部分では全く期待できないため気をつけてください。大半が設定1で導入されています。

わかりやすい機種を選んで遊ぶこと

パチスロは機種によってルールが異なる他、多数のゾーンを突破しないと大量獲得のチャンスが得られないような難しいルールの台も存在します。

初心者の方は、できる限りわかりやすいパチスロで遊ぶようにしましょう。

リゼロ パチスロ プレイ画面

好きなアニメ作品のパチスロであれば別ですが、単純に勝ちたいと思ってパチスロを始めるのであれば、わかりやすい機種で地道に増やしたほうが遊びやすくなります。

初心者はわかりやすいAタイプがオススメ

初心者にオススメの機種はAタイプ、つまりノーマルタイプに近い挙動を持っているものです。

または完全にノーマルタイプとされているパチスロ台を遊んでもいいでしょう。

サンダーVライトニング Aタイプ パチスロ

Aタイプやノーマルタイプは、大量にゾーンが存在するわけではなく、単純にボーナスで増やしていくルールで遊べます。

AT機と呼ばれるパチスロよりも格段に遊びやすい機種と言えるでしょう。

メダルを持って台移動できない場合もある

獲得したメダルを別の台に使いたいと考えている人もいますが、ホールによってはメダルを持って台移動ができない場合もあります。

勝手にドル箱を持って台を移動すると、スタッフに止められてしまい、ルール違反と告げられてしまいます。

ホールによってメダル移動を認めているかが決められています。

そのほか、一定の枚数だけメダルの移動を許している場合があるなど、メダルを持って移動できるルールは非常に複雑で分かりづらい点があります。

ルールはホールによって異なる

メダルを持って台移動をさせるかどうか、これはホール側が勝手に作っているルールとなります。

ホールが移動してもいいという場合は移動しても構いませんが、移動できない場合は勝手に移動しないでください。

また、ドル箱1つだけなら移動できるなど、特殊なルールを採用しているホールもあれば、特定の台に限って移動可能としているホールもあります。

基本的に3枚がけで遊ぶこと

ジャグラー プレイ画面

パチスロの基本的な遊び方は、メダルを3枚入れて遊びます。

一部の機種は3枚のメダルを入れないと遊べないように作られている他、1枚から遊べるように作られているパチスロでも、3枚のメダルを入れて遊ぶルールを推奨しています。

3枚がけと呼ばれるルールは、パチスロの基本的なものと判断してください。

3枚入れないでも遊ぶ方法は一応用意されていますが、遊んだとしても勝てない場面が多くなり苦労するだけです。

1枚がけでは当たりが取れなくなる

1枚がけでもノーマルタイプは遊べるように作られていますが、パチスロの的中ラインが真ん中1つだけになってしまいます。

パチスロの的中確率を高めるためには3枚がけが基本です。

1枚だけで勝負したとしても、上下の横並び、または斜めのラインが取れなくなるだけであり、単純に大当たりを失ってしまうだけなのです。

わからない時はスタッフを呼ぼう

他にもホールだけに存在するルールが多数あります。

また、パチスロの故障やメダル切れといったトラブルも結構な頻度で発生するため、トラブルについてはスタッフを呼んで対処してもらわなければなりません。

全てのパチスロには、スタッフを呼び出すためのボタンが用意されています。

パチスロ 呼び出しボタン

パチスロで遊戯している際にトラブルが発生した場合は、迷わずスタッフを呼んで対処してもらいましょう。

関連:オンラインカジノとパチスロ儲かるのは?

まずはパチスロのやり方で始めてみよう

これからパチスロで遊びたいと考えている人は、基本的なパチスロのルールをしっかり覚えるように心がけましょう。

それ以外にもホール限定のルールが多数存在しますので、ホール側が用意しているルールもしっかり覚えてください。

パチスロを快適に遊べるかどうかは、ホール側が採用しているルールによっても異なります。

ホールが遊びやすいようにルール作りをしているかも検証したほうがいいでしょう。

オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。