パチスロの目押しとは?ビタ押しのコツと目押しが必要な台を紹介

パチスロの目押しとは?ビタ押しのコツと目押しが必要な台を紹介

パチスロと言えば目押し。昔から技術介入要素として必要不可欠とされています。

過去には目押しが必須とされていた時代があったものの、現代ではATの登場により、誰でも絵柄を揃えやすくなりました。

この記事では、パチスロの目押しについて解説します。また、目押しが必要な機種や目押しの歴史についても取り上げます。

パチスロは目押しが必要な台もある

ひぐらしのなく頃に スロット プレイ画面

パチスロは目押しができないと勝てない機種も存在します。過去には目押しができることを前提に機種を開発していた時期もありました。

しかし、最近はよりカジュアルにパチスロを楽しんでもらいたいという願いから、パチスロの目押しについては控えめとなっています。

目押しが必要なパチスロは、特定の場所でリールを止めないと出玉性能が上がらないというデメリットを持っており、目押しの実力が問われるようになります。

関連:パチスロ4号機の歴史を振り返る…

関連:パチスロ4号機ランキング!

目押しは特定の絵柄を揃えることを指す

目押しというのは、特定の絵柄を揃えるための技術です。狙っている場所でリールを止めて、特定の絵柄を揃えるようにするのが目押しの基本です。

最近ではビタ押しと呼ばれる場合もあります。

目押し パチスロ

パチスロの絵柄を特定の場所で止められるようになると、子役を大量に獲得して出玉を増やせるようになります。

また、リプレイはずしなどの要素が追加されることにより、延々と出玉を獲得できる機種も存在します。

関連:パチスロ6号機で万枚は無理なのか?

関連:パチスロ6号機おすすめランキング!

目押しができないと当たりが揃えられない台もある

目押しができない場合、技術介入要素が強い台では当たりが揃えられないという問題が発生します。

ATなどのアシスト要素があれば別の話ですが、アシスト無しで勝つためには目押しが必須となります。

近年は目押しが必要な台は減少傾向にあるものの、目押しができないと当たりを揃えられず、出玉性能にかなりの影響が及ぶ台もいくつか存在します。

近年はATによって目押し不要の台も増えている

目押し不要台 魔法少女まどかマギカ3叛逆

より多くの人にパチスロを打ってもらいたいと考えたメーカー側は、ATの導入によって目押しをしなくても出玉性能を上げられるようにしています。

最近では目押しをしなくても勝てるような台が多数登場しています。

ただ、AT中に出玉を増やすために目押しが必要となっている機種もあるなど、完全に目押しが要らないとされているパチスロはさほど多くありません。

関連:パチスロ6号機の規制緩和はありえる?

関連:パチスロ4号機のレア台はどこで買える?

パチスロで目押しをする際のコツ

パチスロで目押し技術を得るためには、コツを覚える必要があります。

ただ、絵柄を特定の場所で揃えるためには、配列などの必要な情報を得なければなりません。

情報を得ないまま勝負したとしても、パチスロの目押しはそう簡単にできないのです。

ここからは、パチスロで目押しをする際のコツをいくつか紹介します。

絵柄の配列を覚える

マイフラワー30 パチスロ プレイ画面

目押しを確実にするためには、絵柄の配列を覚えなければなりません。

パチスロを絵柄がどのように設定されており、特定の絵柄が過ぎたタイミングで押せば狙ったところに止まるという考えを保つ必要があります。

配列は機種によって変わっていますので、どのような絵柄が配列されているか、しっかり覚える必要があるでしょう。

機種ごとの配列はメーカーのホームページなどで公開されています。

関連:オンラインスロットで稼ぐ!

関連:オンラインパチンコは儲かる?

目印となる絵柄を見つける

どの絵柄でボタンを押せば狙った場所で止められるのか、目印となる絵柄をパチスロ内で見つける必要があります。

特にボーナスを揃えるためには、ボーナスの上にある特定の絵柄を見つけることで、目押しを楽にしてくれます。

技術介入要素が必要とされる台は、狙う絵柄の少し上にボタンを押すための絵柄が存在します。

ボタンを押す絵柄さえ見つけてしまえば、後は技術を磨くだけで目押しは可能となります。

絵柄が1周するタイミングを覚える

次に必要な要素は、絵柄が1周するまでのタイミングを覚えます。

ドンちゃん2 パチスロ プレイ画面

パチスロというのは、リールが回転して最終的にどこかのタイミングで止めることとなりますが、リールが1周するまでの時間がある程度決まっています

リールが1周するまでの時間は、パチスロごとに異なります。また、同じ機種でも何らかの事情により、リールの回転が遅くなっている場合もあるため注意が必要です。

関連:パチスロ4号機があった時代を回想!

関連:現金に換金できるオンラインゲーム!

ボタンを押してからのズレを確認する

最終的に狙った場所でボタンを押し、どれくらい機種ごとにズレが生じているか確認してください。

パチスロ猛獣王 王者の咆哮 パチスロ プレイ画面

狙っている絵柄がしっかり表示されていれば問題ありませんが、絵柄が1つ早く出ている、または送れている場合は目押しのタイミングを変えなければなりません。

何度も目押しに挑戦し、ズレを早く見つけることが勝つための近道です。

現在のパチスロで目押しが必要な台

現在は技術介入要素があまり必要ではないため、目押しができなくても勝てる時代ではあります。ただ、目押しがあれば更に勝ちやすくなる機種も多数存在します。

ここからは、現在導入されているパチスロの中で、特に目押しが必要とされる機種を紹介します。有名な機種も目押しがあれば勝率はアップします。

ひぐらしのなく頃に祭2

ひぐらしのなく頃に祭2 パチスロ プレイ画面

2020年に導入された最新機種で、技術介入要素によって出玉性能が大幅に変わる傾向があります。

目押しができなくてもAT中に出玉を獲得できるように作られていますが、目押しができると更に獲得できる枚数が増加し、低設定でも勝ちやすい状態を作れます。

目押しが必要な理由

この機種は技術介入要素が前作から導入されており、今回もそのまま目押し要素を加えて機種として登場しています。

また、ボーナス中のステージ転落要素を回避するためには、ボーナス中に目押しにより転落する要素を回避しなければなりません。

前作よりも転落する確率は下げられている他、回避ナビが搭載されたことで技術介入要素は少し減少しています。

目押しによる変化

ひぐらしのなく頃に祭2 パチスロ ビタ押し

目押しを行うと、ボーナスを取りやすくなります。ボーナス絵柄を左リールに揃えられれば、BIGを確定で手に入れられる可能性もあります。

また、目押しによってチャンスゾーンから転落するという問題が避けやすくなるため、多くの獲得枚数を得られる状態を維持できます。

なお、目押しができれば設定1でも機械割100%以上が可能となる機種です。

ディスクアップ

ディスクアップ パチスロ プレイ画面

近年では一番技術介入要素が必要とされる機種で、目押しは必須技術とされます。

最近ではディスクアップ選手権とされる、目押し要素を競う大会まで開催されていました。

それだけ技術力によって出玉性能が大幅に変わるため、この機種で遊ぶ際は目押しを覚える必要があります。

目押しが必要な理由

目押しができないとボーナスを揃えられないのがディスクアップの特徴です。

AT機と同じような感覚で打っているとボーナスが揃わず、出玉性能が大幅に落ちてしまいます。

また、子役についても目押し技術があれば揃えやすくなり、ある程度のメダル獲得が容易にできるようになります。技術力が非常に求められる機種となっています。

目押しによる変化

ディスクアップ パチスロ ビタ押し

目押しができなかった場合でも、設定1で96%程度の機械割が可能となります。

ただ、目押しが完全にできるようになれば、設定1で103%の機械割まで上昇し、より多くの出玉獲得が可能となります。

また、ボーナスを大量に揃えられるため、技術介入によって低設定でもボーナスへ突入し、ARTによる大量獲得が可能となります。

アイムジャグラーEX

アイムジャグラーEX パチスロ プレイ画面

アイムジャグラーEXは5号機も6号機も登場していますが、基本的なゲーム性は変わらないためどちらも目押しが必要だと判断して構いません。

一般的なノーマルタイプとなるアイムジャグラーEXですが、目押し技術が使えると獲得できる枚数が増える傾向にあります。

目押しが必要な理由

ジャグラーは確定演出が存在する機種ですが、常に確定演出が発生するわけではありません。

自力でボーナスを揃えなければ、出玉獲得が悪くなり、勝ちづらい状態となってしまうのです。

赤7を何度も揃えたいと考えているなら、目押し技術によってリールを止める場所を知らなければなりません。

目押しによる変化

アイムジャグラーEX パチスロ 目押し

目押しができると赤7のBIGボーナスが揃えやすくなり、出玉性能が上昇します。

ジャグラーは大量獲得という機種ではありませんが、目押しができるようになれば子役なども取りやすくなり、メダルを大量に吸い込まれるという状態は回避できます

なお、パチスロ6号機でも目押しができればそれなりに出玉性能は向上します。

バンバンクロス

バンバンクロス パチスロ プレイ画面

マイナー機種の1つではありますが、実はかなりの技術介入要素を持った台として知られています。

一般の設定に加え、Cと呼ばれる技術介入が必要とされる設定が用意されており、この設定では目押しが必須となります。

それ以外にも最高設定としてC+と呼ばれるものが用意されています。

目押しが必要な理由

使われている設定がC、またはC+の場合、技術介入要素が無ければほぼ出玉が獲得できないように作られています。

目押しをしなければ大量の出玉獲得は望めなくなっているのです。

また、低設定で導入されている場合でも、目押しができれば勝ちやすくなる台の1つとされており、目押しを駆使して勝負したい機種となります。

目押しによる変化

バンバンクロス パチスロ 目押し

機械割に大きく影響する部分があります。目押しができない場合の設定1は97.3%の機械割ですが、目押しができるようになると機械割が100%に到達します。

また、最高設定の場合は110%以上の機械割が望めるため、より勝ちやすい状態を作れます。目押しができるとできないでかなりの差が生まれる機種となります。

関連:6号機の機械割が高い機種ランキング

過去のパチスロは目押しが必要不可欠だった

押忍!番長 4号機 プレイ画面

現代のパチスロはAT機が主体となっていますので、目押しが無くても揃えられる状態は作れます。

しかし、過去のパチスロは目押しができないと勝てない時代となっていました。これはATが存在しない機種が多かったためです。

ATという技術自体が2000年以降に導入されたもので、それ以前に販売されたパチスロには全て搭載されていません。

古参のユーザーからすれば、目押しはパチスロで勝つために必要な技術の1つなのです。

4号機前半まではパチスロ目押し時代と言われた

パチスロは4号機の前半まで、目押しがかなり重要と言われました。

4号機の前半ではリプパンはずしによって大量出玉を獲得できる機種が登場し、目押しによってリプレイを外す必要がありました。

また、他の機種でもBIGボーナスを揃えるために目押しが必要とされるなど、目押しができない人はパチスロをやらないほうがいいとまで言われた時代です。

これが変わったのは2001年頃となります。

関連:パチスロ4号機の歴史

AT機の登場によって目押しが不要になる

爆裂AT機 パチスロ

AT機が作れるようになった2001年後から、次々とメーカーはATを導入した機種を登場させます。

また、爆裂AT機の導入により、一気に目押しは要らないものと判断されてしまい、大量獲得が可能となるAT機が誕生しました。

一部では目押しが必要とされる機種も販売されましたが、大量獲得ができるAT機には勝てず、生産される台数を抑える傾向がありました。

これはCT機が主体となった4.5号機以降も続きました。

5号機に入り再び目押し関連の機種が誕生し情勢が変化

パチスロ 5号機

5号機になると、規則によってAT機が難しいのではないかと考えられ、技術介入要素を持った機種の開発を進めるメーカーが登場しました。

5号機の初期に多く登場したリプレイはずしによる大量獲得は、目押しができないと勝てない機種として有名になりました。

その後、色々と緩和されART機が誕生しましたが、5.9号機からかなりの制限が設けられたことで、再び目押しによって大量獲得が狙える機種が増えていくことになります。

6号機は目押し機種が増える可能性も

6号機の出玉性能を引き上げるのはかなり難しいとされ、パチスロ業界を暗くさせる問題となっています。

おそ松さん〜驚〜 パチスロ プレイ画面

しかし、目押しによって出玉性能を上げる方法は、本来の機械割に影響しないことから、6号機でも出玉性能を上げられると期待されています。

先ほど紹介したひぐらしのなく頃に祭2のように、目押し前提の機種が更に増える可能性もあります。

関連:パチスロ6号機の規制緩和はありえる?

まとめ

パチスロは目押しができるユーザーほど勝ちやすいのは事実ですが、現代ではATの存在によってさほど重要視されなくなりました。

しかし、大量に獲得出玉を得るためには、今でも目押しの技術は必要不可欠となります。

将来的には目押しが必須とされる機種が大量に導入される可能性もあるなど、今からでも目押しができるように練習しておくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。