モンテカルロ法で稼ぐ!オンラインカジノ攻略法

モンテカルロ法で稼ぐ!オンラインカジノ攻略法

モンテカルロ法は、成功すれば必ず利益が出るシステムベットです。

ただ、モンテカルロ法は、メリットの裏にデメリットが存在するの「諸刃の剣」でもあります。

確実にコツコツ稼いでいきたいなら、ココモ法などのシステムベットの方が有効です。

では、モンテカルロ法について詳しく解説していきましょう。

オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は、かつてモンテカルロというカジノを破産させたことを由来に命名されたシステムベットです。

真意のほどは定かではありませんが、カジノプレイヤーの中でマーチンゲール法とともに、有名なシステムベットとなっています。

では、モンテカルロ法はどのように使用していくのでしょうか?

モンテカルロ法が使えるカジノゲームについて

モンテカルロ法は、勝った時に2倍配当が得られるゲーム、3倍配当が得られるゲームで使用できます。

【2倍配当のカジノゲーム】

  • ルーレット(赤黒・偶数奇数)
  • バカラ
  • ブラックジャック

2倍配当のカジノゲームで、勝率が50%に近いゲームであることが条件です。

ただ、モンテカルロ法は、2倍配当ゲームでは場合によって、成功しても損失が出る可能性があります。

【3倍配当カジノゲーム】

  • ルーレット(コラム・ダズン)

モンテカルロ法は、3倍配当のゲームでは、成功したとき必ず利益が出ます。

ただ、ベット額が2倍配当よりも大きくなる傾向にあり、テーブル上限に達する危険性が高まるのが弱点です。

モンテカルロ法では、配当倍率によって賭け方が変わってきます。どのようにベットしていくのでしょうか?

モンテカルロ法の賭け方について(2倍配当)

モンテカルロ法の使用には、ペンとメモの用意が必要です。

モンテカルロ法の使用方法は、以下の通りになります。

【モンテカルロ法の賭け方】

  • 「1・2・3」と数字を並べる
  • 数列の両端の数字の合計を次のゲームにベットする
  • カジノゲームに勝てば両端の数字を1つずつ消す
  • カジノゲームに負ければベット額を数列の右端に追加する
  • 数列が消えるもしくは1つだけになれば終了

モンテカルロ法では、まずはじめに「1・2・3」と数列を並べます。

数列の両端の数字の合計を次のゲームのベット額としていきます。

カジノゲームで勝てば「両端の数字を消す」、負ければ「ベット額の数字を数列の右端に追加」という流れになります。

数列の数字がなくなるか、1つだけになったとき、モンテカルロ法は成功となります。

モンテカルロ法の賭け方について(3倍配当)

モンテカルロ法は、3倍配当のとき、勝利したときの数字の消去法が変わってきます。

【モンテカルロ法の賭け方】

  • 「1・2・3」と数字を並べる
  • 数列の両端の数字の合計を次のゲームにベットする
  • カジノゲームに勝てば両橋の数字を2つずつ消す
  • カジノゲームに負ければベット額を数列の右端に追加する
  • 数列が消えるもしくは1つだけになれば終了

モンテカルロ法の検証結果

まず始めにモンテカルロ法の検証結果から発表します。

モンテカルロ法の検証では、ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットの「赤」に50回ベットし続けます。

【モンテカルロ法の検証結果】

  • 勝ち:20
  • 負け:30
  • 収支:▲120ドル
  • 勝率:40%(期待値48%)
  • ペイアウト率:95.4%

今回のモンテカルロ法の検証結果では、勝率がかなり悪かったことも影響し、損失が120ドル出る結果となりました。

しかしながら、モンテカルロ法を使わず、1ドルずつ50ゲームかけ続けた結果と比較すると、ペイアウト率は悪くなり数字になります。

もし、勝率が期待値通りの数字であれば、収支はプラスに転じていた可能性もあります。

【1ドルずつ「赤」にかけ続けた場合】

収支:▲10ドル
ペイアウト率:80%

モンテカルロ法の賭け方と実践方法

では、実際のプレイ画面をもとに、モンテカルロ法の賭け方を解説していきます。

1回目【モンテカルロ法】

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:4ドル
  • 勝敗:負け
  • 利益:▲4ドル
  • 累計収益:▲4ドル

【数列】

  • <1・2・3>

初回の数列は、<1・2・3>であり、両端の数字が「1、3」であるため、ベット額は4ドル。

今回のゲームでは、負けてしまったため、4を数列の右側に追加します。

2回目【モンテカルロ法】

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:5ドル
  • 勝敗:勝ち
  • 利益:+5ドル
  • 累計収益:+1ドル

【数列】

  • <1・2・3・4>

今回のゲームでは、勝利したため、数列の両端の数字を消します。

そのため、数列は<2・3>となり、次のゲームのベット額は5ドルとなります。

3回目【モンテカルロ法】

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:5ドル
  • 勝敗:負け
  • 利益:▲5ドル
  • 累計収益:▲6ドル

【数列】

  • <2・3>

今回のゲームで勝てば、モンテカルロ法は成立していましたが、負けてしまったためベット額の5ドルを数列の右端に追加します。

モンテカルロ法は、数列がなくなるまでゲームを続けます。

4回目【モンテカルロ法】

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:7ドル
  • 勝敗:勝ち
  • 利益:+7ドル
  • 累計収益:+1ドル

【数列】

  • <2・3・5>

今回のゲームで勝利したため、数列は<3>となりました。

モンテカルロ法では、①数列の数字がなくなった場合、②数列の数字が1つになった場合のどちらかで成立し、初期に戻します。

そのため、今回のモンテカルロ法は完了し、次のゲームからは<1・2・3>から始めます。

モンテカルロ法の注意点について

成立すれば必ず利益が出るモンテカルロ法にも注意点があります。

モンテカルロ法の注意点は、「ゲーム数が増えると急激にベット額が増加する」ということです。

今回の検証の第34〜38ゲームは顕著にその傾向が現れました。

【検証結果(第34〜38ゲーム)】

ゲーム数 勝敗 ベット額 数列
34 × 117 27,36,63,90
35 × 144 27,36,63,90,117
36 ×  171 27,36,63,90,117,144
37 ×  198 27,36,63,90,117,144,171
38 225 27,36,63,90,117,144,171,198

なかなか連勝がなく、モンテカルロ法が長引くと、最初4ドルだったベット額は200ドルを超えるときもあります。

しかも、数字が大きくなればなるほど、ベット額の増加速度は早くなり、資金的な負担も大きくなります。

また、カジノゲームには「テーブルリミット」も存在するため、モンテカルロ法が、途中で中断されれば損失が確定してしまいます。

使用できるカジノとできないカジノがある

オンラインカジノの中には、モンテカルロ法のようなシステムベットの使用を禁止しているところがあります。

例えば、カジノ旅は利用規約においてシステムベットを使うと、アカウントが凍結する恐れがあると記載しています。

賭けが多大すぎると当社が考える場合、またはプレーヤーの賭けのパターンがシステムを乱用する方法で行われていると見なされる場合、カジ旅はその賭けを制限、キャンセルおよび拒否する権利を持つものとします。
(引用)カジ旅 利用規約 10.2

そのため、ご自身がプレイしているオンラインカジノの利用規約をよく確認してから、使うのをオススメします。

モンテカルロ法をどう活用するべきのか?

では、モンテカルロ法をどのように使用すれば、いいのでしょうか?

今回提案するのは、「ベット額を少額から始める」ということです。

検証に使ったベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットの上限を確認しましょう。

【ヨーロピアンルーレット上限金額】

ヨーロピアンルーレット ベット上限額

ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットでは、最小0.1ドル、最大5,000ドルまでのベットが可能です。

もし、最初のベットを<0.1・0.2・0.3>で始めれば、初期ベット額が0.4ドルとなるため、負担も少なくなりますし、ベット上限に達する可能性も少なくなります。

その分利益額が少なくなるデメリットはありますが、確実に収益を出したい人向けの活用法と言えます。

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法のメリットについて

モンテカルロ法のメリットは以下の通りです。

  • 成功すれば必ず利益が出る

モンテカルロ法では、成功すれば必ず利益が出るのが最大のメリットです。

しかし、確実に利益が出るのは3倍配当(ルーレットのダズン・コラム)であり、2倍配当では損失が出る可能性もあります。

モンテカルロ法のデメリットについて

モンテカルロ法のデメリットは、以下の通りです。

  • 計算が面倒
  • ベット額が大きくなる
  • 途中で中断した場合は大きな損失が出る

まず、モンテカルロ法はメモと計算機なしでは、到底できないシステムベットです。

他のシステムベットよりも手間がかかる上、ベット上限に達したとき損失が確定するため、リスクも大きい攻略法と言えます。

モンテカルロ法を他の攻略法と比較

モンテカルロ法には、若干の弱点が存在します。

しかし、モンテカルロ法の改良版であるキャンセレーション法では、確実に収益を出すことができます。

【キャンセレーション法の使用方法】

  1. 目標金額を決める
  2. 目標金額を適当に分割する
  3. 分割した数字を並べてその両端の数字を足した金額をベットする
  4. 勝てば分割した数字の両端2つを消す
  5. 負ければ賭けた金額を右端に1つ加える
  6. 数字が全てなくなるまでゲームを続ける

モンテカルロ法との違いは、「目標金額を設定する」ことと、「数字が全てなくなるまで続ける」ことの2つです。

キャンセレーション法では、2倍配当のカジノゲームが対象となり、成功すれば確実に収益が出ます。

モンテカルロ法よりも改良されたキャンセレーション法を使用するべきです。

モンテカルロ法と相性がいいオンラインカジノゲーム

ルーレット【モンテカルロ法が使える】

ルーレット プレイ画面

ルーレットには、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類があります。

アメリカンルーレットの場合「0」と「00」と言う赤黒以外のケースがで2つもあるため、「0」しかないヨーロピアンルーレットでバーネット法を使うべきです。

バカラ【モンテカルロ法が使える】

バカラ プレイ画像

バカラもバーネット法を使って稼ぐことはできますが、ルーレットと比較して、勝ちにくくなります。

理由は、引き分けの数がルーレットよりも多くなる可能性が高いためです。

どのベットシステムにも共通して言えることですが、少しでも勝てる確率の高いルーレットの方が利益は出やすくなります。

モンテカルロ法が使えるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ【モンテカルロ法で勝てる】

ベラジョンカジノ 公式画面

ベラジョンカジノの評判は?

  • 日本人プレイヤー対象のイベントが豊富
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金できる
  • 必勝勝利金システムで毎日1名が必ず最高5000ドル受け取れる
  • 初心者からでも始めやすいサイト設計
  • 日本国内No.1の人気を誇るオンラインカジノ

ベラジョンカジノは、日本人向けのサービスが充実しています。

日本人のためにパチスロ風スロットを導入するなど、絶対に登録しておきたいオンラインカジノです。

日本語対応サポート(手段) メール、ライブチャット
日本語対応サポート(時間) 年中無休11〜24時
ウェルカムボーナス 最高1500ドル

まとめ)モンテカルロ法によるオンラインカジノ攻略法比較

モンテカルロ法は、マーチンゲール法と並び、カジノプレイヤー中で有名なシステムベットです。

しかし、皆が知っているからと言って稼げる攻略法ではありません。

キャンセレーション法や、グランマーチンゲール法など、改良されたシステムベットを使用するべきです。

今回は、モンテカルロ法の改良版であるキャンセレーション法を紹介しましたが、他のにもカジノゲームのベット方法は存在します。

どのシステムベットがあなたに合うか、攻略法を比較して、一番いいものを探し出しましょう!

オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。