モンテカルロ法の改良版とは?改良型モンテカルロ法で稼ぐ

モンテカルロ法で稼ぐ!オンラインカジノ攻略法

モンテカルロ法は、成功すれば必ず利益が出るシステムベットです。

ただ、モンテカルロ法は、メリットの裏にデメリットが存在するの「諸刃の剣」でもあります。

確実にコツコツ稼いでいきたいなら、ココモ法などのシステムベットの方が有効です。では、モンテカルロ法について詳しく解説していきましょう。

オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?

目次

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法は、かつてモンテカルロというカジノを破産させたことを由来に命名されたシステムベットです。

真意のほどは定かではありませんが、カジノプレイヤーの中でマーチンゲール法とともに、有名なシステムベットとなっています。

では、モンテカルロ法はどのように使用していくのでしょうか?

モンテカルロ法が使えるカジノゲームについて

モンテカルロ法は、勝った時に2倍配当が得られるゲーム、3倍配当が得られるゲームで使用できます。

2倍配当のカジノゲーム
  • ルーレット(赤黒・偶数奇数)
  • バカラ
  • ブラックジャック
2倍配当のカジノゲームで、勝率が50%に近いゲームであることが条件です。

ただ、モンテカルロ法は、2倍配当ゲームでは場合によって、成功しても損失が出る可能性があります。

3倍配当のカジノゲーム
  • ルーレット(コラム・ダズン)

モンテカルロ法は、3倍配当のゲームでは、成功したとき必ず利益が出ます。

ただ、ベット額が2倍配当よりも大きくなる傾向にあり、テーブル上限に達する危険性が高まるのが弱点です

モンテカルロ法の賭け方について(2倍配当)

モンテカルロ法の使用には、ペンとメモの用意が必要です。モンテカルロ法の使用方法は、以下の通りになります。

モンテカルロ法の賭け方
  • 「1・2・3」と数字を並べる
  • 数列の両端の数字の合計を次のゲームにベットする
  • カジノゲームに勝てば両端の数字を1つずつ消す
  • カジノゲームに負ければベット額を数列の右端に追加する
  • 数列が消えるもしくは1つだけになれば終了

モンテカルロ法では、まずはじめに「1・2・3」と数列を並べます。数列の両端の数字の合計を次のゲームのベット額としていきます。

勝てば「両端の数字を消す」、負ければ「ベット額の数字を数列の右端に追加」と覚えましょう!

数列の数字がなくなるか、1つだけになったとき、モンテカルロ法は成功となります。

モンテカルロ法の賭け方について(3倍配当)

モンテカルロ法は、3倍配当のとき、勝利したときの数字の消去法が変わってきます。

モンテカルロ法の賭け方
  • 「1・2・3」と数字を並べる
  • 数列の両端の数字の合計を次のゲームにベットする
  • カジノゲームに勝てば両端の数字を2つずつ消す
  • カジノゲームに負ければベット額を数列の右端に追加する
  • 数列が消えるもしくは1つだけになれば終了

モンテカルロ法は改良できる

モンテカルロ法は色々な手法を利用して改良できるメリットがあります。

すでに手法が確立されたものを改良することなんてできるの?
途中の設定を変えることで勝率をさらに高めることができるよ!

一見すると既にモンテカルロ法は方法が確立されているように思われますが、実際には改良できるように調整されており、様々な形で変更できます。上手に利用すれば、通常のモンテカルロ法よりも勝ちやすい傾向が生まれ、配当を多く得られる可能性があります。

途中の設定を変えることでより勝ちやすくなる

モンテカルロ法では、初期の設定や利用している途中で設定を変更し、柔軟に勝利しやすい状況を作り出しておくことで勝ちやすくなります。

モンテカルロ法で負けてしまう時にルールを変更するなどして、本来では負けるような状況で勝ちに持っていくなどの方法が使えます。また、配当の額を通常よりも増やせる可能性があるなど、色々なパターンで勝てるようになります。

オンラインカジノに合わせて変更していくと良い

オンラインカジノのゲームによって、モンテカルロ法が使いやすいかどうかは変わっていきます。少しでもモンテカルロ法で勝ちたいと考えているなら、まずはオンラインカジノのゲームごとに合わせて変えていくといいでしょう。

ゲームによってはモンテカルロ法を改良したほうが勝ちやすくなり、マイナスを減らしやすくなるメリットが得られます。

改良して負ける可能性が高くなる場合も

モンテカルロ法を改良したとしても、負ける可能性が高くなるパターンが増えるなど、逆効果となる場合もあります。

すべてのモンテカルロ法が確実に配当を増やしてくれるわけではなく、ゲームによって改良したものをどのように使っていくか、考えていく必要があります。場合によっては大きな負けに繋がる可能性もあるため、しっかりとモンテカルロ法の対策は進めておきましょう。

負ける可能性が高くなるなら改良しない方がいいのでは…?
大きく利益を出すためにはある程度リスクも必要!次は実際の改良方法を解説します!

モンテカルロ法を改良する方法

モンテカルロ法を改良する方法ですが、数列の変更などによって本来とは異なる方法で進めていく手法があります。また、ベット額を変更するなどの対応を取ることで、より高配当を狙っていく手法もあります。様々な方法から自分が遊ぶゲームに合わせて、モンテカルロ法を上手に使っていくといいでしょう。

ベット額を2倍にする

モンテカルロ法のベット額を2倍にするという、単純な改良法です。この方法は今までのモンテカルロ法からベット額を増やすだけではありますが、得られる配当が増えるメリットを持っています。一方で損失を増やす可能性もあるため、利用する際は基本的なルールをしっかり守りながら進めていきましょう。

改良する際のポイント

従来の方法からベット額を2倍にしていくだけで、それ以外に変更するポイントはありません。改良するポイントとしては非常に簡単なものですし、従来までのモンテカルロ法がわかっていれば苦にすることはないでしょう。ベット額を増やすため、軍資金をある程度多く確保するなどの対策が求められます。

改良の注意点

ベット額を2倍に増やしていくと、損失も2倍になってしまいます。一応モンテカルロ法のルールにより、ベット額を増やしても回収できる可能性は十分にあります。しかし、負け続けていると必要なお金がかなり増えてしまい、すぐに対応できない可能性があります。できる限り改良する際は、多くの金額をオンラインカジノへ入金して対応しましょう。

ある程度軍資金が用意できるときに実践できる改良方法です!

数列を変更する

次に紹介するのは数列を変更するものです。従来のスタートとは異なる方法で数列を配置し、ベット額を押さえながらモンテカルロ法のルールに沿って配当を得ていくものになります。これまでモンテカルロ法のベット額がやや多いという要素で悩んでいた場合、数列の変更をするだけである程度改善する場合があります。

改良する際のポイント

これまでモンテカルロ法は以下のパターンでスタートしていました。

「1,2,3」

この数字を変更し、以下の数字でスタートします。

「0,1,2」

最初の数字を0にすることで、ベット額を調整するというものです。これにより、最初に賭ける金額は4ドルから2ドルに変更されます。ベット額を減らしつつ、モンテカルロ法による利益確保はそのまま残していく形となります。

改良の注意点

数列は0,1,2以外にも2,3,4などでスタートして構いませんが、必ず連続した数字で構成するようにしてください。2,4,6のように、連続していない数字ではモンテカルロ法が不成立となります。また、数字を増やしていく方法では、初期のベット額が多くなってしまい、負け続けると多くの金額を入れてゲームに挑戦するリスクが発生します。

途中で数列を分解する

次に途中で数列を分解して、更にモンテカルロ法を続ける方法を紹介します。

本来はモンテカルロ法の終了パターンとして、数字が1つだけになる、または数字が消滅した場合があります。ただ、数字が残っている状態で終了させるのは配当を失う可能性があります。そこで数字を分解して、もう1度モンテカルロ法を続けるというのがこの改良法になります。

数字を分解する?
残った数字を2つに分けるだけだから簡単だよ!

改良する際のポイント

この方法は、まず数字が1つだけになった状態を作らなければなりません。例として5だけが残った状態を紹介します。

本来は5だけが残っている状態では、モンテカルロ法ができないため終了となります。しかし、この5を分解し、強引にモンテカルロ法を続けます。具体的にはこのように分けていきます。

5→2,3

こうして2つの数字に分解していくことで、5ドルをベットしてモンテカルロ法を続けるという手法です。ここで勝利すれば更に利益を得られるようになります。

改良の注意点

数字を分解した後、ゲームに負けてしまうとモンテカルロ法は続行しなければなりません。本来なら利益を出していたはずなのに、ゲームを続けたことによって損失に変わる可能性があります。

また、数字を分解する際は小数点を使うなど、本来のモンテカルロ法から外れる分解方法は絶対にできません。必ず連続した数字で分解し、モンテカルロ法が成立するような形に分けていく必要があります。

左に1を足す

最後に紹介する方法は、左に1を足してモンテカルロ法を変化させるというものです。こちらもモンテカルロ法を終了させるタイミングで利用するもので、更にモンテカルロ法を続けて利益を出すというものです。方法としては数字を分解していく手法に比べて使いやすくなっており、ベット額についても比較的抑えやすいという傾向があります。

改良する際のポイント

この方法は数字が1つだけになった状態で利用します。残された数字に対して左に1を追加し、モンテカルロ法を継続するというものです。

例として5という数字が残った場合、左に1を追加して1,5という状態にします。この数列の状態で6ドルをベットしてゲームをプレイし、勝利すると利益が確定するというメリットが得られます。ゲームに負けた場合はモンテカルロ法を継続します。

改良の注意点

この方法は数字が1つだけにならないと利用できないデメリットがあるため、他の方法と併用するなどの対策が求められます。また、1を追加したゲームに負けてしまった場合、1が残った状態で他の数字を増やす必要があるため、場合によってはモンテカルロ法が延々と続く可能性があります。時間がない人はより簡単な改良法を活用したほうがいいでしょう。

勝負の波がきているときに有効な改良方法です!

オンラインカジノの資金に合わせて改良しよう

モンテカルロ法の改良については、オンラインカジノの資金に合わせて改良したほうがいいでしょう。

ベット額を増やす方法は、オンラインカジノの資金が不足していると難しい傾向があります。また、資金を多く持っているものの、少ない資金でプレイできるモンテカルロ法の改良をしてもあまり効果はありません。金額によって改良するようにしましょう。

モンテカルロ法はメモを取りながら使おう

モンテカルロ法は改良したとしても、メモを取りながら続ける必要があります。メモを取らないまま続けていると失敗する可能性が急激に高くなってしまいます。

特に改良型については、通常のモンテカルロ法とは異なる方法を採用している可能性があります。頭の中で記憶しているだけでは、モンテカルロ法改良型の方針を間違えてしまい、誤ったベットに繋がる可能性があります。

オンラインカジノなら人の目を気にせずメモを取れます!

メモ無しでは間違える可能性が高い

モンテカルロ法は、メモ無しで続けていくのはかなり難しい攻略法です。通常版でも改良型でも、とにかくメモを取りながら続けるという方針は変わりません。

メモを取っておけば、次のベットがある程度わかりやすくなる他、短時間で計算しやすくなりベット終了までに間に合わせられます。ミスをしないためにもメモ無しでモンテカルロ法を続けるのは避けてください。

オンラインカジノはメモを取る余裕があるので安心

オンラインカジノはメモをとる余裕がしっかりありますので、安心してプレイできるメリットがあります。プログラム形式のゲームであれば、自分がベットするまでゲームが勝手に進行しないので安心です。

メモを取りながらモンテカルロ法を進め、ゆっくりとベットしていくように心がけましょう。誤ったベットで損失を出さないよう慎重に進めてください。

ライブカジノの場合はベットタイミングに注意

ライブカジノの場合はベットする時間が決められており、ベットできる時間を超えてしまった場合は賭けられなくなります。

一般的なライブカジノでは30秒程度はベットの時間が確保されているため、その時間でモンテカルロ法を瞬時に続けられれば問題ありません。しかしスピードルーレットのように、ベット時間が極端に短いゲームだと続けられない可能性があります。

モンテカルロ法の検証結果

まず始めにモンテカルロ法の検証結果から発表します。

モンテカルロ法の検証では、ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットの「赤」に50回ベットし続けます。

【モンテカルロ法の検証結果】

  • 勝ち:20
  • 負け:30
  • 収支:▲120ドル
  • 勝率:40%(期待値48%)
  • ペイアウト率:95.4%

今回のモンテカルロ法の検証結果では、勝率がかなり悪かったことも影響し、損失が120ドル出る結果となりました。

しかしながら、モンテカルロ法を使わず、1ドルずつ50ゲームかけ続けた結果と比較すると、ペイアウト率は悪くなり数字になります。

もし、勝率が期待値通りの数字であれば、収支はプラスに転じていた可能性もあります。

【1ドルずつ「赤」にかけ続けた場合】

収支:▲10ドル
ペイアウト率:80%

モンテカルロ法の賭け方と実践方法

では、実際のプレイ画面をもとに、モンテカルロ法の賭け方を解説していきます。

1回目

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:4ドル
  • 勝敗:負け
  • 利益:▲4ドル
  • 累計収益:▲4ドル

【数列】

  • <1・2・3>

初回の数列は、<1・2・3>であり、両端の数字が「1、3」であるため、ベット額は4ドル。

今回のゲームでは、負けてしまったため、4を数列の右側に追加します。

2回目

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:5ドル
  • 勝敗:勝ち
  • 利益:+5ドル
  • 累計収益:+1ドル

【数列】

  • <1・2・3・4>

今回のゲームでは、勝利したため、数列の両端の数字を消します。

そのため、数列は<2・3>となり、次のゲームのベット額は5ドルとなります。

3回目

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:5ドル
  • 勝敗:負け
  • 利益:▲5ドル
  • 累計収益:▲6ドル

【数列】

  • <2・3>

今回のゲームで勝てば、モンテカルロ法は成立していましたが、負けてしまったためベット額の5ドルを数列の右端に追加します。

モンテカルロ法は、数列がなくなるまでゲームを続けます。

4回目

モンテカルロ法 プレイ画面

  • ベット額:7ドル
  • 勝敗:勝ち
  • 利益:+7ドル
  • 累計収益:+1ドル

【数列】

  • <2・3・5>

今回のゲームで勝利したため、数列は<3>となりました。

モンテカルロ法では、①数列の数字がなくなった場合、②数列の数字が1つになった場合のどちらかで成立し、初期に戻します。

そのため、今回のモンテカルロ法は完了し、次のゲームからは<1・2・3>から始めます。

モンテカルロ法の注意点について

成立すれば必ず利益が出るモンテカルロ法にも注意点があります。

モンテカルロ法の注意点は、「ゲーム数が増えると急激にベット額が増加する」ということです。

今回の検証の第34〜38ゲームは顕著にその傾向が現れました。

【検証結果(第34〜38ゲーム)】

ゲーム数 勝敗 ベット額 数列
34 × 117 27,36,63,90
35 × 144 27,36,63,90,117
36 ×  171 27,36,63,90,117,144
37 ×  198 27,36,63,90,117,144,171
38 225 27,36,63,90,117,144,171,198

なかなか連勝がなく、モンテカルロ法が長引くと、最初4ドルだったベット額は200ドルを超えるときもあります。

しかも、数字が大きくなればなるほど、ベット額の増加速度は早くなり、資金的な負担も大きくなります。

また、カジノゲームには「テーブルリミット」も存在するため、モンテカルロ法が、途中で中断されれば損失が確定してしまいます。

使用できるカジノとできないカジノがある

オンラインカジノの中には、モンテカルロ法のようなシステムベットの使用を禁止しているところがあります。

例えば、カジノ旅は利用規約においてシステムベットを使うと、アカウントが凍結する恐れがあると記載しています。

賭けが多大すぎると当社が考える場合、またはプレーヤーの賭けのパターンがシステムを乱用する方法で行われていると見なされる場合、カジ旅はその賭けを制限、キャンセルおよび拒否する権利を持つものとします。
(引用)カジ旅 利用規約 10.2

そのため、ご自身がプレイしているオンラインカジノの利用規約をよく確認してから、使うのをオススメします。

モンテカルロ法をどう活用するべきのか?

では、モンテカルロ法をどのように使用すれば、いいのでしょうか?

今回提案するのは、「ベット額を少額から始める」ということです。

検証に使ったベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットの上限を確認しましょう。

【ヨーロピアンルーレット上限金額】

ヨーロピアンルーレット ベット上限額

ベラジョンカジノのヨーロピアンルーレットでは、最小0.1ドル、最大5,000ドルまでのベットが可能です。

もし、最初のベットを<0.1・0.2・0.3>で始めれば、初期ベット額が0.4ドルとなるため、負担も少なくなりますし、ベット上限に達する可能性も少なくなります。

その分利益額が少なくなるデメリットはありますが、確実に収益を出したい人向けの活用法と言えます。

モンテカルロ法のメリット・デメリット

モンテカルロ法のメリットについて

モンテカルロ法のメリットは以下の通りです。

  • 成功すれば必ず利益が出る

モンテカルロ法では、成功すれば必ず利益が出るのが最大のメリットです。

しかし、確実に利益が出るのは3倍配当(ルーレットのダズン・コラム)であり、2倍配当では損失が出る可能性もあります。

モンテカルロ法のデメリットについて

モンテカルロ法のデメリットは、以下の通りです。

  • 計算が面倒
  • ベット額が大きくなる
  • 途中で中断した場合は大きな損失が出る

まず、モンテカルロ法はメモと計算機なしでは、到底できないシステムベットです。

他のシステムベットよりも手間がかかる上、ベット上限に達したとき損失が確定するため、リスクも大きい攻略法と言えます。

モンテカルロ法を他の攻略法と比較

モンテカルロ法には、若干の弱点が存在します。

しかし、モンテカルロ法の改良版であるキャンセレーション法では、確実に収益を出すことができます。

【キャンセレーション法の使用方法】

  1. 目標金額を決める
  2. 目標金額を適当に分割する
  3. 分割した数字を並べてその両端の数字を足した金額をベットする
  4. 勝てば分割した数字の両端2つを消す
  5. 負ければ賭けた金額を右端に1つ加える
  6. 数字が全てなくなるまでゲームを続ける

モンテカルロ法との違いは、「目標金額を設定する」ことと、「数字が全てなくなるまで続ける」ことの2つです。

キャンセレーション法では、2倍配当のカジノゲームが対象となり、成功すれば確実に収益が出ます。

モンテカルロ法よりも改良されたキャンセレーション法を使用するべきです。

モンテカルロ法と相性がいいオンラインカジノゲーム

ルーレット

ルーレット プレイ画面

ルーレットには、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類があります。

アメリカンルーレットの場合「0」と「00」と言う赤黒以外のケースがで2つもあるため、「0」しかないヨーロピアンルーレットでバーネット法を使うべきです。

バカラ

バカラ プレイ画像

バカラもバーネット法を使って稼ぐことはできますが、ルーレットと比較して、勝ちにくくなります。

理由は、引き分けの数がルーレットよりも多くなる可能性が高いためです。

どのベットシステムにも共通して言えることですが、少しでも勝てる確率の高いルーレットの方が利益は出やすくなります。

モンテカルロ法が使えるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ 公式画面

ベラジョンカジノの評判は?

  • 日本人プレイヤー対象のイベントが豊富
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金できる
  • 必勝勝利金システムで毎日1名が必ず最高5000ドル受け取れる
  • 初心者からでも始めやすいサイト設計
  • 日本国内No.1の人気を誇るオンラインカジノ

ベラジョンカジノは、日本人向けのサービスが充実しています。

日本人のためにパチスロ風スロットを導入するなど、絶対に登録しておきたいオンラインカジノです。

日本語対応サポート(手段) メール、ライブチャット
日本語対応サポート(時間) 年中無休11〜24時
ウェルカムボーナス 最高1500ドル

まとめ

モンテカルロ法は、マーチンゲール法と並び、カジノプレイヤー中で有名なシステムベットです。

しかし、皆が知っているからと言って稼げる攻略法ではありません。

キャンセレーション法や、グランマーチンゲール法など、改良されたシステムベットを使用するべきです。

今回は、モンテカルロ法の改良版であるキャンセレーション法を紹介しましたが、他のにもカジノゲームのベット方法は存在します。

どのシステムベットがあなたに合うか、攻略法を比較して、一番いいものを探し出しましょう!

オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?オンラインカジノの攻略法・必勝法一覧!おすすめ攻略法は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。