ココモ法によるオンラインカジノ攻略法比較

ココモ法によるオンラインカジノ攻略法比較

ココモ法を活用すれば、「確実に」オンラインカジノで収益を上げることは可能です。

何故なら、オンラインカジノのルーレットのテーブルリミットは「0.1ドル〜5,000ドル」とかなり範囲が広いためです。

もし、初期ベット額を1ドルとした場合でも、19連敗まではベットシステムを続けることができます。

ココモ法で19連敗する確率は、約11億分の1であるため、よほど運に見放されていなければ、100%の確率で収益を上げることができます。

では、ココモ法はどのように行うべきなのでしょうか?やり方と注意点を解説します。

ココモ法とは?マーチンゲール法と比較

ココモ法は、マーチンゲール法の弱点を克服するために開発されたベットシステムです。

マーチンゲール法は、負ける毎に賭け金を倍にしていくベットシステムでした。

ココモ法は、2連敗以降、負ける毎に「前回と前々回のベット額を足し合わせた額を賭ける」ベット方法です。

ココモ法のやり方について

ココモ法の賭け金 マーチンゲール法
ゲーム回数 ベット額($) ベット計算 ベット額
1回目 1 1
2回目 1 2
3回目 2 1+1=2 4
4回目 3 2+1=3 8
5回目 5 3+2=5 16
6回目 8 5+3=8 32
7回目 13 8+5=13 64
8回目 21 13+8=21 128
9回目 34 21+13=34 256
10回目 55 34+21=55 512

上記した通り、ココモ法は2回目以降、連敗した場合は「前回と前々回の賭け金の合計」を次のゲームで賭けます。

マーチンゲール法では、負けた場合、ベット額の2倍の額を賭けなければならなかったため、テーブルリミットに達する可能性がかなり高くなりました。

マーチンゲール法とココモ法は、テーブルリミットに達した時点で損失が確定してしまうため、ココモ法は利益が出やすいベットシステムと言えます。

ココモ法で得られる利益について

ココモ法の利益(3倍配当ゲームの場合)
ゲーム回数 ベット額($) 累計ベット 収益
1回目 1 0 2
2回目 1 1 1
3回目 2 2 2
4回目 3 4 2
5回目 5 7 3
6回目 8 12 4
7回目 13 20 6
8回目 21 33 9
9回目 34 54 14
10回目 55 88 22

ココモ法は、連敗すればするほど、得られる利益の額が大きくなるのが特徴です。

一方、マーチンゲール法では何連敗しても、得られる収益は初期ベット額分のみ。

テーブルリミットに達すると何百ドルもの損失を負うリスクを追いながら、その対価が少なかったマーチンゲール法と比較して、低リスクながら、高配当を得ることができるのがココモ法です。

ココモ法での連敗する確率について

ゲーム数 賭け金 連敗の確率 累計投資
1回目 1 66.67% 1
2回目 1 44.44% 2
3回目 2 29.63% 4
4回目 3 19.75% 7
5回目 5 13.17% 12
6回目 8 8.78% 20
7回目 13 5.85% 33
8回目 21 3.90% 54
9回目 34 2.60% 88
10回目 55 1.73% 143

ココモ法は、ルーレットのダズンベットやコラムベットのような3倍の配当がつくゲームで適用されます。

そのため、ココモ法を使って10連敗する確率は1.73%となり、1000回プレイして17.3回発生する可能性があります。

しかしながら、マーチンゲール法と違って、11回目のベット額は89ドルであり、テーブルリミットを心配する必要はありません。

ココモ法の注意点について

ココモ法は、低リスクで、高配当を得られる画期的なベットシステムに見えます。

ただ、以下のような注意点をクリアして初めて、有効に活用することができます。

  • 2倍配当のゲームには不向き
  • 勝率がイーブンベットよりも低い
  • テーブルリミット以上継続できない
  • ヨーロピアンルーレットを使用する

ココモ法は2倍配当のゲームには不向き

ブラックジャック プレイ画面(ブラックジャック プレイ画面)

マーチンゲール法は、ブラックジャックやバカラのような勝てば2倍の配当が戻ってくるカジノゲームに有効でした。

ココモ法では、あくまでの勝てば3倍の配当が得ることができるカジノゲームのみ有効であり、バカラなどには向きません。

ココモ法は適用できるカジノゲームが少ないことに注意が必要です。

ココモ法での勝率がイーブンベットよりも低い

ココモ法では、配当が3倍になるカジノゲームをプレイするため、配当が2倍よりも勝率が低くなります。

その分連敗する確率も高くなりますが、ベット額を少額にしているため、リスクを少なく勝負することができます。

連敗が続き不安になることもあるとは思いますが、自身の資金力に合わせた損切りラインを設定しておくべきです。

テーブルリミット以上ココモ法を継続できない

ヨーロピアンルーレット プレイ画面

カジノゲームには、テーブル毎にテーブルリミットというベット額の制限があります。

ココモ法の場合、テーブルリミット以上は継続することができず、損失が確定してしまいます。

テーブルリミットが小さい場合は、初期ベット額を下げることによって調整を行うべきです。

ココモ法はヨーロピアンルーレットを使用する

アメリカンルーレット プレイ画面(アメリカンルーレット プレイ画面)

ルーレットには、「ヨーロピアンルーレット」と「アメリカンルーレット」の2種類が存在します。

2つのルーレットの違いは、「00」があるかないかです。

アメリカンルーレットの場合、「0」と「00」と数字以外の場所が2箇所もあるため、勝率が若干低くなってしまいます。

そのため、ココモ法を使用するときは、必ずヨーロピアンルーレットでプレイしましょう!

ココモ法が活用できるオンラインカジノゲーム

ルーレットでココモ法を活用する

ルーレット ダズンベット コラムベット

何度も繰り返していますが、ココモ法は3倍配当のカジノゲームで適用されます。

オンラインカジノのゲームの中では、「ルーレット」が当てはまります。

ルーレットの「ダズンベット」「コラムベット」にベットし続けることで、ココモ法を活用することが可能です。

ココモ法は、配当が3倍になればどこでも使うことができるため、競馬や競艇でも使っている人もいます。

ルーレット テーブルリミット表

プレイ画面に表記がなくても、設定からテーブルリミットを確認することができます。

上表の場合、最小ベット額0.1ドル、最大ベット額3,500ドルまで可能です。

ココモ法が使えるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ【ココモ法が使える】

ベラジョンカジノ 公式画面

  • 日本人プレイヤー対象のイベントが豊富
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金できる
  • 必勝勝利金システムで毎日1名が必ず最高5000ドル受け取れる
  • 初心者からでも始めやすいサイト設計
  • 日本国内No.1の人気を誇るオンラインカジノ

ベラジョンカジノは、日本人向けのサービスが充実しています。

日本人のためにパチスロ風スロットを導入するなど、絶対に登録しておきたいオンラインカジノです。

日本語対応サポート(手段) メール、ライブチャット
日本語対応サポート(時間) 年中無休11〜24時
ウェルカムボーナス 最高1500ドル

【ココモ法が使えるカジノ比較!】
オンラインルーレットができるカジノ比較

まとめ)ココモ法によるオンラインカジノ攻略法比較

ココモ法は、2連敗後、負けるごとに前回と前々回の賭け金の合計をベットします。

オンラインカジノのルーレットは、最小、最大のベット制限の範囲が広いため、収益を上げる確率が高いと言えます。

しかし、1周期で得られる利益はせいぜい10ドルほどであり、かなりの忍耐力が必要になります。

確実に賭け金を増やしていきたい人は、長期戦を覚悟で、ココモ法を活用することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です