ecopayz(エコペイズ)の登録方法・手順

ecopayz(エコペイズ)の登録方法・手順

ecopayz(エコペイズ)の口座開設手順です。

口座開設は無料ですので、安心して手順をすすめてください。

【エコペイズ公式画面】
エコペイズHP

ecopayz(エコペイズ)口座開設方法

エコペイズの口座開設方法を開設していきます。

アカウント開設までは簡単ですが、シルバークラスへの「アップグレード」を行わなれけばなりません。

まずは、アカウントを開設しましょう。

エコペイズ 公式画面へ

エコペイズ 公式画面

まず、エコペイズ公式画面へ移動します。

画面中央にある「無料アカウントを開設」をクリックするとアカウント登録の開始です。

アカウント情報入力

エコペイズ 登録方法 アカウント開設

まずは、アカウント情報を入力します。

【アカンウト情報入力】

ユーザー名 ローマ字で記入
Eメールアドレス 英角英数で記入
パスワード 8文字以上(半角英語、数字、大小の組み合わせ)※1
そのまま「日本」を選択
言語 そのまま「日本」を選択
通貨 EUR(ユーロ)がおすすめです。※2

※1:パスワードは、ログイン時に必要になるため必ずメモするようにしましょう。

※2:通貨はEUR(ユーロ)がおすすめです。エコペイズはイギリスで運営されているため、JPY(日本円)で入金すると換金手数料がかかってしまいます。手数料を少なくするためには、ユーロにしておくといいでしょう。

個人情報入力

エコペイズ アカウント登録方法

次に、個人情報の入力です。

シルバークラスへのアップグレード時に、本人確認があるため、正確な情報を入力するようにしてください。

名前 ローマ字で入力
ローマ字で入力
通り 市町村以外の住所をローマ字で入力
ビル名・番号 ローマ字で記入、記入することがなければ「-」と記入
都道府県 ローマ字で記入
市町村名 ローマ字で記入
郵便番号 ハイフンを抜いた郵便番号を記入
電話番号 頭の0とハイフンを抜いた電話番号を記入

ここで難しいのは「住所」の入力です。一つ例を挙げてみます。

アカウント登録者:山田太郎

住所:東京都墨田区押上1丁目1-2

【山田太郎氏の記入例】

名前 Taro
Yamada
通り 1chome 1-2 Oshiage
ビル名・番号
都道府県 Tokyo
市町村名 Sumidaku

ご自身の住所の英語表記が分からない場合は、住所英語表記変換サービス「JuDress」を使ってください。

アカウント登録完了

エコペイズアカウント登録

空欄の入力が完了したら、「アカウントの作成」をクリックします。

これだけで、アカウントの完了です。

次に、入金といきたいところですが、アカウントの「アップグレード」をしなければ入出金することができません。

次は、シルバーアカウントへのアップグレードです。

ecopayz(エコペイズ)のアカウントをアップグレード

エコペイズに入金したくてもできない。なぜ入金できないの?

エコペイズは、アカウントを開設しただけではエコペイズへの入金は行えません。

シルバークラスへのアップグレードをしてはじめて入金することができます。

では、アップグレードを行っていきましょう!

マイページより「アップグレード」をクリック

エコペイズ アップグレード 手順

マイページの右側にある「シルバーアカウントにアップグレード」をクリックします。

シルバーアカウントへのアップグレードには、以下のものが必要です。

  • Eメールアドレスの確認
  • セキュリティの質問設定
  • 身元の確認

一つずつ説明していきます。

Eメールアドレスの確認

 

エコペイズ アップグレード 手順

「Eメールアドレスを確認」をクリックすると、登録したアドレスに「認証メール」が届きます。

届いたメールの中にある「メールアドレスの確認」をクリックすれば、完了です。

セキュリティの質問の設定

エコペイズ アップグレード 手順

次にセキュリティの質問の設定です。

現在のパスワード 設定したパスワードを入力
セキュリティの質問を選択 プルダウンより質問を選択
回答 質問の回答を入力

入力し、「保存」をクリックすれば完了です。

身元の確認

エコペイズ アップグレード 手順

身元が確認できる下記の書類を、携帯もしくはカメラで撮影し、添付する必要があります。

運転免許証やマイナンバーカードは両面撮影が必要です。

写真の添付は、スマホからであれば簡単に行うことができます。

  • パスポート
  • 写真付き運転免許証
  • 国民IDカード(マイナンバーカード)

住所の証明

エコペイズ アップグレード 手順

住所が証明できる下記の書類いずれか一つを携帯もしくはカメラで撮影します。

過去3ヶ月以内のもので、名前と住所が表示されたものでなければいけません。

下記以外でも、名前と住所の記載がある書類であれば、住所の証明を行うことができます。

  • 水道光熱費領収書
  • 銀行取引明細書
  • 住民証明書(住民票)

添付する項目をクリックすると、ファイルをアップロード画面が出るため画像を添付します。

画像を添付し、「証明のため送信」をクリックすると、アップロード完了です。

アップロードが済み、エコペイズの審査が通過すると、シルバーアカウントへアップグレードされたというメールが届きます。

これで、入出金ができるようになります。

では、次にエコペイズへの入金を行っていきましょう。

ecopayz(エコペイズ)への入金方法

ecopayz(エコペイズ)関連ページ

【ecopayz(エコペイズ)について】
ecopayz(エコペイズ)とは?

【ecopayz(エコペイズ)の入金について】
ecopayz(エコペイズ)への入金方法

【ecopayz(エコペイズ)の出金について】
ecopayz(エコペイズ)からの出金方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です