ブラックジャックラッキー8のルールと基本戦略、ペイアウト

ブラックジャックラッキー8 ルール

ブラックジャックラッキー8のルールと基本戦略、ペイアウト

ブラックジャック8とは、マリーナベイサンズ特有のサイドベットのこと。
マリーナベイサンズでのブラックジャックのローカルルールです。

ブラックジャック8は、通常の賭け金とは違い、テーブル上にある「L8」という丸の中にBetすることでブラックジャックは違った条件のゲームを楽しめるものです。

マリーナベイサンズに行く前に、どんなものか知っておき、余裕を持ってゲームに臨めるようにしましょう!

それでは、概要を解説します。

MEMO
サイドベットとは、通常のベット(賭け)エリア以外を指します。
オンラインカジノゲーム 種類 ルール 基本戦略 オンラインカジノゲームの種類とルール、基本戦略

ブラックジャックラッキー8のルールとは?

ブラックジャック8とは、冒頭でも書いたようにマリーナベイサンズ特有のサイドベットのことです。

通常はラッキー8と呼ばれており、ブラックジャックのなかでも人気です。
マリーナベイサンズがあるシンガポールは中国人観光客の多い国であります。

そのため、中国人が好む数字「8」を採用して8を重要視するブラックジャックのことを指します。

ブラックジャック自体は通常のルールですが、プラスアルファとしてサイドベットを採用しているというわけです。

ひとつの勝負で2度の賭けを楽しめるのです。
ワクワクが倍増しますよ。

イメージがつくように、マリーナベイサンズでのブラックジャックのテーブルを見てみましょう。
マリーナベイサンズ ブラックジャック テーブルレイアウト

「ANY PAIR」と書かれた文字の右側に「L8」と書かれた丸があると思います。
そこが、ブラックジャック8のBet場所となります。

このL8エリアにチップをおけばベット完了となります。

賭けの対象となるカードはディーラーのオープンカードと自分に配られたカード2枚、合計3枚です。
これらの中でペアか8のペアもしくは8のトリプルが完成すればOKです。

なぜ8のペアと8のトリプルだけ特別なのでしょうか?

それは、名前の通り8という数字が特別であり、配当額も大きくなるためです。

ブラックジャックラッキー8の配当は?

気になる配当ですが、違う絵柄でペアを完成させた場合は3倍です。
例えば、ハートの5とダイアの5のようにです。
これを同じ絵柄でそろえた場合に5倍の配当を得られます。(例:ハートの5が2枚)

ここでリアルカジノをやったことない人は、「なぜ同じ絵柄のカードのペアができるの?」と感じたかもしれません。

マリーナベイサンズは、6デック分のカードが使われているため同じ絵柄で同じ数のカードが6枚存在することになるのです。

そのため、同じ絵柄でペアが発生します。

MEMO
デックとは、1組52枚のカードの組数のこと。デッキとも呼びます。
そのため、6デックは、6組312枚のことを指します。

配当の話で忘れてはいけないのが、8のペアやトリプルの対する配当です。

8でペアやトリプルを完成させると、、、

  • 2枚の違う絵柄の8→5倍
  • 2枚の同じ絵柄の8→10倍
  • 8が3枚     →100倍
  • 3枚の同じ絵柄の8→1000倍

となります。
(注)倍数は、Betした額に対してになります。

確率は低いですが、同じ絵柄の8が3枚揃うとBet額に対して1000倍もの配当がつきます!

マリーナベイサンズのブラックジャックテーブルは、ベット金額が決まっています。
その額は25ドルか50ドルです。

ただしサイドベットは話が別となり、10ドルベットも可能です。
10ドルをL8エリアにサイドベットして、同じ絵柄のスリーカードを完成させたなら……。

想像しただけでも笑いをこらえられません。
そう、10ドルが10000ドルに大化けします。

現在の1シンガポールドルは約81円ですから、10ドル(シンガポールドル)が81万円となる計算です。

たった1回の勝負で大金が懐(ふところ)に転がり込みます。
たまりませんね。

ブラックジャック8の戦略(勝ち方)は?

ブラックジャックラッキー8の本質部分はノーマルタイプと変わりません。
基本部分のペイアウトは99%以上です。

ペイアウトは還元率であり、賭けた金額に対する払い戻し率を数値化しています。
勝ちやすさをあらわす期待値と考えましょう。

一般的なギャンブルに目を向けてください。
競馬・競輪のペイアウトは70%。
パチンコ・パチスロで80%程度です。

カジノゲームの多くは95%以上のペイアウト。
なかでもブラックジャックの99%は群を抜く還元率ですね……。

多くのサイトで紹介されていますが、ブラックジャックを攻略するためにはベーシックストラテジーの学習が大切です。

これはディーラーのオープンカードと自分に配られたカードの対比により、最適なアクションが示されたもの。

ブラックジャックラッキー8も例外ではありません。
基本の攻略法は同じこと。

ただしブラックジャックラッキー8を楽しめるのはリアルカジノだけ。
オンラインカジノで探しても見当たらないのです。

また、ベーシックストラテジーは普段から学習を重ねないと実践できないでしょう。
そこで、オススメとなるのがオンラインカジノによる練習です。

オンラインカジノであれば、ベーシックストラテジー表を目前に置いて正確なアクションを実行できます。
ブラックジャックをやるなら、ベラジョンカジノライブハウスカジノがおすすめです。
何故なら、オンライン上でディーラーとリアルタイムでプレイすることができ、リアルカジノに対する練習にもなります。

さらに、ボーナスも充実しているため自分のお金以外でプレイすることができます。

これにより最高のペイアウトを実現できることに。
なにごとも積み重ねですね。

シンガポールへカジノ旅行を予定するならば、事前にオンラインカジノでしっかりと予習しておきましょう。

ブラックジャック8に賭けるべきなの?(ペイアウトは?)

ブラックジャックラッキー8は、サイドベットは効果的なの?

確かに、サイドベットを使うべきか迷うところです。

マリーナベイサンズは6デックであるため6組312枚によるカードプレイを想定します。
すると、配当1000倍となる同じ絵柄の8が出現する確率は0.001596%となります。

0.001596%とは10万回プレイして1.6回出現する確率です。
気が遠くなる数値かもしれませんね。

同様に違う絵柄の8が出る確率は0.038777%。
同じ絵柄の8がペアで出現する確率は0.344682%。
違う絵柄の8がペアで出現する確率は1.240854%。

さらにツーオブアカウンドとよぶ同じ数値または同じ絵札2枚も役(やく)としてカウントされ、この確率は19.5109%あります。

これらを合計すれば、ラッキー8のサイドベットが成功する確率は21.1368%となり、10回に2回当たる確率ですね。

まとめましょう。
効率だけを考えると、ラッキー8のサイドベットはオススメできない結果です。
ブラックジャックだけに没頭したいならば、ベットしないほうがよいかもしれませんね。

 

マリーナベイサンズ・カジノについて

マリーナベイサンズ・カジノ 画像

ここですこし話を横道へ。
マリーナベイサンズはシンガポールに所在する総合リゾートホテルです。

オープンは2010年。
総工費は80億シンガポールドルですから、日本円に換算すると6480億円になります。
ものすごい金額ですね。

開発・運営を手掛けたのはラスベガス・サンズ。
カジノの本場であるラスベガスが本拠地の業者であり、カジノリゾートのノウハウを知り尽くしています。

こちらの企業は日本のカジノ構想に興味を示しており、公式ホームページで参入を示唆していますね。

そのため、日本でカジノ参入をめざす自治体の多くがマリーナベイサンズへの視察を重ねています。

規模や考えかたの違いがあり、日本でラスベガス型カジノをそのまま誕生させるのは難しいでしょう。
その点、シンガポールのマリーナベイサンズが参考になるのでは……。

IR(統合型リゾート)構想が気になる人は、マリーナベイサンズの見学をオススメしますよ。

話がそれましたね。
つぎの項目で元にもどしましょう。

まとめ)ブラックジャックラッキー8のルールと基本戦略、ペイアウト

ブラックジャックラッキー8の概要を紹介しました。
サイドベットを掘り下げると、効率の悪さが目立つことに……。

しかし1000倍の配当は大きな魅力です。
当然ですが、ベットしなければ絶対にゲットできません。

気分転換や雰囲気を変えたいと思うときに、ラッキー8が楽しめるのではないでしょうか?
自分なりの楽しみかたを見つけましょう!

オンラインカジノ比較!おすすめのカジノを紹介オンラインカジノ比較!お勧めのカジノを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です