ブラックジャック用語集

ブラックジャック用語集

ブラックジャックの攻略法を身につける段階において、「用語」をしっかり理解しておく必要があります。

せっかくブラックジャックで勝つ方法を学んでいても、用語が分からないために、意味が理解できない場合があります。

まずは、ブラックジャックの用語の意味を理解していきましょう。

ブラックジャック用語集

【ブラックジャック用語】シュー

シュー

シューとは、ブラックジャックで使われるカード全体のことを指します。

カードのデッキ数が1〜8組であっても呼び名は「シュー」となります。

ブラックジャックの攻略法である「カウンティング」は、シューの中身を把握するために行われています。

【ブラックジャック用語】ナチュラル

ナチュラル

ナチュラルとは、ブラックジャックのときに最初に配られる2枚のカードだけで合計21となるハンドのことを指します。

つまり、カードが配られた直後勝負が決まってしまう状態のことです。

プレイヤー側にナチュラルが来れば、ベット額の1.5倍の払い戻しを受けることができます。

【ブラックジャック用語】ヒット

プレイヤーは、最初の2枚をみてから任意でもう一枚カードをひくことができます。

プレイヤーは、もう一枚カードを引きたい場合、プレイヤーの近くでテーブルをトントンと叩くと、ヒットつまりもう一枚カードが欲しいことを表します。

ヒットを選択することで、ディーラーはカードをもう1枚表向きの状態で、賭け金の前においてくれます。

プレイヤーは、カードの合計が21を超えなければ、任意でヒットし続けることが可能です。

【ブラックジャック用語】バースト

バースト

バーストとは、プレイヤーもしくはディーラーのカードの合計が21以上になることを指します。

プレイヤーは、ディーラーよりも先にアクションをするため、バーストしてしまうと無条件でディーラー側の勝利になってしまいます。

ディーラーのアップカードから、バーストする確率を予想し、次のアクションを決めなければなりません。

【ブラックジャック用語】スタンド

スタンドは、ブラックジャックにおいて、現状の手札に満足していることを表します。

もし、プレイヤーがバーストしていない状態で、自分の手札に満足していれば手のひらを水平に振ると、スタン「ベットティルト のの意味を表します。

【ブラックジャック用語】スプリット

スプリット

スプリットとは、最初に配られたカードを分けることです。

最初の2枚のカードが同じ値である場合(例えば7、7や10、K)、ハンドをスプリットすることができます。

スプリットする場合は、まずオリジナルベットの横にそれと同額のベットを置きます。

スプリットした場合は、分けられた2つの手札は、完全に2つに分けられていて、分けらられたカードそれぞれでヒットやスタンドのルールが適用されます。

ただ、「A、A」の手札をスプリットした場合だけ、スプリット後に配られるカードは1枚ずつであり、自動的にスタンドとなります。

【ブラックジャック用語】サレンダー

サレンダーとは、降参のことを指します。

カジノによって採用していない場合もあるため、テーブルに座る前に確認しておく必要があります。

サレンダーを選択するためには、最初の2枚を確認した後に、プレイヤーがベットの半分を無条件に譲ることで、手札を降参することができます。

【ブラックジャック用語】インシュランス

インシュランスとは、オマケのサイドベットであり、ディーラーの手札がナチュラル(21かどうか)を予想するベット方法です。

インシュランスを撮りたいと思うプレイヤーは、最大でオリジナルベットの半分まで賭けることができます。

【ブラックジャック用語】10

10として扱われるカードのことを指します。

つまり、10、J、Q、K。

【ブラックジャック用語】アップカード

ディーラーが持つ1枚目の表向きのカード。

【ブラックジャック用語】アンバランスシステム

カウンティングの種類の一つであり、カードのカウント値を合算しても0にならないカードカウンティングシステムのこと。

【ブラックジャック用語】ファーストベース

ディーラーからみて一番左側のプレイヤーであり、最初にアクションを決定するプレイヤー。

【ブラックジャック用語】サイドカウント

カウンティングを行うとき、メインのカウントをメインカウントと呼ぶが、別のもう一つのカウントをサイドカウントと呼ぶ

【ブラックジャック用語】ソフトハンド

Aが11として使われているハンド

【ブラックジャック用語】ハードハンド

合計が12以上で、かつAが1枚も11として使われていないハンドのこと。

【ブラックジャック用語】スティッフ

合計が12〜16のハードハンド

【ブラックジャック用語】ダウンカード

ディーラーが持つ裏返しのカード。「ホールカード」とも呼ばれる。

【ブラックジャック用語】ディーラー

ハウスの代表としてカードを配り、ゲームの結果を判断して賭け金の収支を仕切る人

【ブラックジャック用語】パック

ゲームに使用されているカードのひとまとまり。8デッキのシューの場合、使用されているパックは416枚。

【ブラックジャック用語】パット

合計値17〜21

【ブラックジャック用語】プッシュ

引き分け

まとめ)ブラックジャック用語集

ブラックジャックの用語は、一見意味が分からないものが多いものの、一度理解してしまえば簡単です。

用語がわかれば、より基本戦略の意味も理解できます。

まずは、ブラックジャックの基礎となる用語をしっかり頭にいれておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です