さまざまなブラックジャックの種類や基本ルール

カジノゲームの種類

 

さまざまなブラックジャックについて

オンラインカジノで多くのプレイヤーを魅了するゲーム。
それがブラックジャックです。

理由はプレイヤーのテクニック次第で勝率アップをめざせる点にあるでしょう。
そう、ブラックジャックに必要なのは運だけではありません。

興味がわきましたか?
さっそく基本ルールの説明を始めますね。

ブラックジャックのノーマル・ルール

ブラックジャックを楽しむためには、ルールを覚えなければなりません。
ノーマル・ルール(基本ルール)をしっかりと理解してください。

ブラックジャックはカードゲームであり、ディーラーとプレイヤー(あなた)の対戦型です。
カジノ独特のアクション(行動・行為)がありますから、その点を詳しく説明しましょう。

最初におこなうアクションはベットです。
ベットは賭けを意味しており、ブラックジャックではチップをおくことを指します。

これによりゲーム参加を表明するものであり、ライブカジノなら他のプレイヤーの動きも見えますね。

全員がベットを終えたらディーラーはカードを配ります。
配るカードは2枚。
ゲームに参加するプレイヤー全員とディーラー自身にカードが配られます。

ディーラーは配られるカードのうち1枚をオープンしなければなりません。
プレイヤー(あなた)はディーラーのオープンカード(アップカード)をみて、ハンドを予想しましょう。

ちなみにハンドとは手のこと。
カード内容をあらわしますから、理解してくださいね。

ブラックジャックのルールはカード合計を21に近づけることです。
しかし、21をこえたらドボン。
これをバーストとよび、負けが決定します。

もうお分かりですね。
ブラックジャックのルールは合計を21に近づけることですが、バーストしては元も子ありません。

ブラックジャックの大前提はディーラーに勝つこと。
ほかのプレイヤーは無視してください。
あくまでディーラーに対する勝利が大切ですから肝に銘じましょう。

つぎの項目でカードの数え方をレクチャーしますね。

ブラックジャックのカウントについて

ブラックジャックのルールは21に近づけること。
ここまで理解はすすみましたか?

それではカードのカウントを解説しましょう。

ブラックジャック 数え方
配られるカードの数字が2から10までは、そのまま計算すればOKです。

絵札のJ、Q、Kはすべて10としてカウントしてください。
注意してほしいのはAです。

Aは1か11のどちらかで計算しましょう。
自分にとって都合の良い数字にすればよいのです。

気が付いてほしいのはカウントする数字として10が一番多くなる点。
理解できますよね。

ブラックジャックマスターとなるためには、10カードの予想にかかっています。
出現確率の高い数字が10であることを理解しましょう。

ブラックジャックのアクションについて

カードゲームを進行させるための行動をアクション(行動・行為)とよびます。
それぞれのアクションに専門用語が存在しますから学習してください。

・ ヒット カードを1枚引く。
・ スタンドもしくはステイ カードを引かないこと。
・ バストもしくはバースト カード合計が22以上。

これらが基本ですね。
つぎに特殊なアクションを紹介します。

・ スプリット 配られる2枚のカードが同じ数字であった場合に選択できるアクション。
カードを2つに分けてディーラーと勝負できます。
有利なカードとなるAが2枚配られた場合に有効。

・ インシュランス 直訳すると保険。
ディーラーのオープンカードがAのときに選択可能。
もしディーラーがブラックジャックを完成させても、賭け金を没収されずに済みます。

つづいて、ブラックジャックにおける最高の手役(てやく)を紹介しましょう。

・ ブラックジャック 配られた2枚のカードがAと10、J、Q、Kの組み合わせ。
最高の役(やく)であり配当にプラスが生じます。

ゲームの名称となっているブラックジャックが出現したら最高ですね。
この役でディーラーに勝った場合には、1.5倍の配当を得られます。

これでおおまかなルール説明を終わります。
つぎの項目で、さまざまなブラックジャックを紹介しましょう。

ブラックジャックの種類について

ブラックジャックサレンダー

まずブラックジャックサレンダーから。
サレンダーを直訳すれば降伏です。

ディーラーのオープンカードがAだったら、勝負したくないですよね。
さらに、ご自分に配られたカードにAがなければ、無駄な勝負を避けたいと考えるのがギャンブラーの心情でしょう。

アクションとしてサレンダー(降伏)を選べるのがブラックジャックサレンダー。
賭けた金額の半額を渡せば勝負から離脱できます。
ブラックジャックを完成される前に勝負から降りてしまえば傷を深くせずに済みますね。

ここで一般論をすこし。
多くの戦術書でサレンダーはしないほうがよいとされます。
その理由は、統計的にみるとペイアウト(還元率)を下げてしまうアクションだから。

しかし、勝負の波を見極められるなら話は別です。
サレンダーも有効なアクションとなり得るのでは。
いろいろと試してみてはいかがでしょうか?

パーフェクトブラックジャック

つぎにパーフェクトブラックジャックを紹介しましょう。
基本的なブラックジャックルールは変わりません。

おもしろいのは、配られるカードが同じ数字だった場合に配当が付く点です。
配当に差があり、数字のみのペアでは6倍の配当、赤や黒など色も一致した場合には12倍、マークと数字が完全に一致している場合には25倍の配当がつきます。

ペア確定によりブラックジャックの勝敗に関係なく配当が付きますから、一粒で二度おいしいゲームを楽しめますね。

ブラックジャック・スイッチ

それから、ブラックジャック・スイッチをご存知でしょうか?
変則的ブラックジャックとして有名であり、エキサイティングなゲームを楽しめますよ。

最大の特徴は2ハンドで勝負する点。
2ハンドとは一人二役のこと。

2か所にカードを配ってもらい、それぞれの手でディーラーに勝負を挑みます。
しかも、2枚目のカードを2か所の中で交換できる特別ルールですから、ブラックジャックを完成させやすい特徴があるのです。
すばらしいですね……。

ブログレッシブ・ブラックジャック

最後にプログレッシブ・ブラックジャックを紹介しましょう。
プログレッシブタイプとは賭け金貯留タイプを指しており、同一機種に大当たりが出るまで貯め続けるものです。

ジャックポット用の投入口が設定されますから、そちらに1ドルを投入すればOK。
プログレッシブジャックポットカウンターが表示されており、世界中のプレイヤーによって積み立てられた額が表示されています。

ちなみに、ジャックポットとは大当たりをあらわします。
同じマークでAを4枚連続で引けば大当たり。
極めて低い確率ですが、役を完成させると積み立てた賞金を総取りできます。
夢があると思いませんか?

まとめ)さまざまなブラックジャックの種類や基本ルール

ブラックジャックの種類を紹介しました。
いろいろあって迷いますね……。
ご自分のプレイスタイルに合ったタイプを選んでください。

ただし、これからオンラインカジノを始めようとする人は、ノーマルタイプを選ぶのが賢明。
慣れてから、さまざまなブラックジャックに挑戦するのがよいでしょう。

心ゆくまで本格的なカードゲームを楽しんでください。

コメント