バーネット法で稼ぐ!オンラインカジノ攻略法

バーネット法によるオンラインカジノ攻略法比較

バーネット法では、プレイヤーが負うリスクが少ないため、積極的に4連勝(大勝ち)を狙うべきです。

なぜなら、バーネット法は、2連勝すれば必ず利益が出るシステムベットだからです。

今回は、バーネット法を実際にプレイし、稼げるシステムベットなのか検証します。

バーネット法とは?

H3バーネット法は、「1→3→2→6」とベット額を増額する

バーネット法の特徴は以下の通りです。

  • 倍率2倍のカジノゲームで有効
  • 勝つと連勝数に応じてベット額を増減させる
  • 勝つごとにベット額を「1→3→2→6」と増加させる
  • 4連勝または、負けたときに初期ベット額に戻す。

バーネット法は、ココモ法やパーレー法と同じ系統のシステムベットですが、唯一違うのが連勝中に賭け金「3→2」と引き下げる点です。

では、なぜ連勝中にも関わらず、ベット額を引き下げるのでしょうか?

そこには、バーネット法が「2連勝すれば必ず利益がでる」仕組みが存在します。

バーネット法の賭け方について

【バーネット法の4連勝時の収支額】

ゲーム数 1回目 2回目 3回目 4回目
ベット額 1ドル 3ドル 2ドル 6ドル
払い戻し額 2ドル 6ドル 4ドル 12ドル
ベット額累計 1ドル 4ドル 6ドル 12ドル
払い戻し額累計 2ドル 8ドル 12ドル 24ドル
収支額 1ドル 4ドル 6ドル 12ドル

上表は、バーネット法の4連勝時の収支額の推移表です。

バーネット法では、2連勝後ベット額を「3→2」に下げています。

ベット額を引き下げることで「2連勝すれば、次で負けても2ドル(4ドルー2ドル)分の利益が出る」仕組みを作り出しています。

ここで、ヨーロピアンルーレットの連勝確率を見てみましょう。

【ヨーロピアンルーレットの連勝確率】

2連勝 3連勝 4連勝
確率 23.67% 11.51% 5.6%

2連勝する確率は、約23.67%であり、「2連勝した時点で利益が確定」するバーネット法では、約4回に1回の確率で収益が出る計算になります。

では、以上をふまえてバーネット法の検証結果を確認してみましょう。

バーネット法の検証結果

今回は、ヨーロピアンルーレットの「赤」に50回賭け続けた場合の検証結果です。

【バーネット法の検証結果】

勝ち:24
負け:26
勝率:48%
収支:+1ドル
ペイアウト率:101.08%

バーネット法を実践した時の最終的な収支は1ドルの利益

ただ、今回は途中10連敗を挟むなど例外的なことが起きたにも関わらず、収支をプラスにすることができました。

では、同じ結果でバーネット法を使わず、1ドル(初期ベット額)ずつ賭けた場合と比較してみましょう。

【バーネット法を使わない場合の検証結果】
※ベット額1ドルで赤に賭け続ける

勝ち:24
負け:26
勝率:48
収支:▲2ドル
ペイアウト率:97.82%

バーネット法を使わない場合よりも、使った時の方がペイアウト率がいいことが検証できました。

では、以上の結果をふまえて、バーネット法はどのように活用するべきでしょうか?

バーネット法をどう活用するべきのか?

結論から言うと、バーネット法はリスクが少なく、積極的に4連勝を狙うべきだと言えます。

もう一度、バーネット法の4連勝時の収支額を見てください。

【バーネット法の4連勝時の収支表】

ゲーム数 1回目 2回目 3回目 4回目
ベット額 1ドル 3ドル 2ドル 6ドル
払い戻し額 2ドル 6ドル 4ドル 12ドル
ベット額累計 1ドル 4ドル 6ドル 12ドル
払い戻し額累計 2ドル 8ドル 12ドル 24ドル
収支額 1ドル 4ドル 6ドル 12ドル

バーネット法は3連勝した後の収支と、4回目のベット額が同じ金額です。

4回目のベット時にもし負けてしまえば、収支は0になってしまいますが、逆を言えば損をすることは絶対にありません。

4回目の勝負で勝つことができれば、初期ベット額からみて12倍の配当を得ることができます。

プレイヤーからすれば、ノーリスクで12倍もの配当を得るチャンスがあると言うことであり、積極的に連勝を狙うべきなのです。

【ヨーロピアンルーレットの確率】

連勝数 1 2 3 4
確率 48.65% 23.67% 11.51% 5.6%

ヨーロピアンルーレットで、4連勝する確率は約5.6%と低い確率ですが、1ゲーム毎の勝率は、48.65%と約半分は勝利する計算です。

ルーレットは、それまでの結果が次のゲームに反映しない独立事象のゲームなので、4ゲーム目だけに着目すれば48.65%の確率で初期ベット額の12倍の配当が得られることになり、迷わず勝負するべきだと言えます。

バーネット法を他の攻略法と比較

連勝時に最も効果を発揮するバーネット法は、グッドマン法と同じタイプの戦略です。

また、ゲームに勝っているときに利益を追求する攻略法であるパーレー法も似たタイプの戦略であるため、比較して検証します。

バーネット法、グッドマン法、パーレー法において同じ結果になった場合、最終的な収支がどのようになるのでしょうか?

【バーネット法】

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
1 1 勝ち 1
2 3 勝ち 4
3 2 勝ち 6
4 6 勝ち 12
5 1 勝ち 15
6 3 負け 12
7 1 負け 11
8 1 負け 10
9 1 負け 9
10 1 負け 8

【グッドマン法】

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
1 1 勝ち 1
2 2 勝ち 3
3 3 勝ち 6
4 5 勝ち 11
5 1 勝ち 12
6 2 負け 10
7 1 負け 9
8 1 負け 8
9 1 負け 7
10 1 負け 6

【パーレー法】

ゲーム数 賭け金 勝敗 収支
1 1 勝ち 1
2 2 勝ち 3
3 4 勝ち 7
4 8 勝ち 15
5 16 勝ち 31
6 32 負け ▲1
7 1 負け ▲2
8 1 負け ▲3
9 1 負け ▲4
10 1 負け ▲5

バーネット法は、パーレー法に比べて大きな利益をあげることはできませんが、負けでマイナス収支になってしまうことはありません。

確実に収益を積み重ねていきたい人は、グッドマン法やパーレー法よりもバーネット法を使用するべきです。

バーネット法と相性がいいオンラインカジノゲーム

ルーレット【バーネット法が使える】

ルーレット プレイ画面

>>オンラインルーレットおすすめ

ルーレットには、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの2種類があります。

アメリカンルーレットの場合「0」と「00」と言う赤黒以外のケースがで2つもあるため、「0」しかないヨーロピアンルーレットでバーネット法を使うべきです。

バカラ【バーネット法が使える】

バカラ プレイ画像

>>オンラインバカラおすすめ

バカラもバーネット法を使って稼ぐことはできますが、ルーレットと比較して、勝ちにくくなります。

理由は、引き分けの数がルーレットよりも多くなる可能性が高いためです。

どのベットシステムにも共通して言えることですが、少しでも勝てる確率の高いルーレットの方が利益は出やすくなります。

バーネット法で勝てるオンラインカジノ

ベラジョンカジノ【バーネット法で勝てる】

ベラジョンカジノ 公式画面

  • 日本人プレイヤー対象のイベントが豊富
  • 国内銀行送金で銀行に直接出金できる
  • 必勝勝利金システムで毎日1名が必ず最高5000ドル受け取れる
  • 初心者からでも始めやすいサイト設計
  • 日本国内No.1の人気を誇るオンラインカジノ

ベラジョンカジノは、日本人向けのサービスが充実しています。

日本人のためにパチスロ風スロットを導入するなど、絶対に登録しておきたいオンラインカジノです。

日本語対応サポート(手段) メール、ライブチャット
日本語対応サポート(時間) 年中無休11〜24時
ウェルカムボーナス 最高1500ドル

まとめ)バーネット法によるオンラインカジノ攻略法比較

バーネット法は、連勝中であれば、リスクを背負わず、初期ベット額の12倍もの配当が得られるシステムベットです。

リスクが少ない分、短期間で大きな利益をあげることはできませんが、コツコツ収益を増やしたい人に向いています。

ただシステムベットは、バーネット法だけなく、パーレー法、グッドマン法などもあるため、あなたに合ったシステムベットを探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です