バカラのルールとやり方、基本戦略

バカラのルール、基本戦略、やり方や流れ

バカラのルールとやり方、基本戦略

バカラはカジノの王様とよばれており、さまざまなランドカジノで採用されています。オンラインカジノでも高い人気を誇っていますね。さっそく、ルール、やり方、基本戦略を解説しましょう。

オンラインカジノゲームの種類とルール、基本戦略

バカラのルール、やり方について

バカラ ルール やり方

バカラをむずかしく考える必要はありません。非常にシンプルなルールで構成されており、ルーレットの赤・黒に賭けるようなもの、と考えればよいでしょう。テーブルゲームのなかで最も簡単なルールとされており、ゲームに参加するだけならば、だれでも問題なく楽しめますよ。

基本的なルールについて

バカラのルールは、配られるカード合計のうち下一桁を9に近づけるものです。しかし、ゲームの参加者はカードやアクションを選択する必要がありません。ゲームにはバンカー役とプレイヤー役が設定されており、どちらがゲームに勝利するかを予測すればよいのです。

これにより、アクションの選択に頭を悩ませる必要がありません。だれでも簡単にゲーム参加できる要因がここにあるのです。ちなみに、カードはディーラーにより配られます。それぞれのアクションは、ヒットアンドスタンド・チャートにしたがっておこなわれます。オートマチックにゲームがすすみますから、賭けの参加者は勝負の行方を見守ればよいのです。

 

カードのカウント方法

バカラを楽しむためには、まずカードの数え方を知る必要がありますね。2から9までは数字通りにカウントすればOKです。10、J、Q、K は0もしくは10でカウントしてください。Aは1もしくは11でカウントしましょう。

バカラ カードの数え方

バカラの専門用語について

専門用語をおぼえれば、すぐにバカラを楽しめます。まずアクションに対しての専門用語から説明しましょう。

・ ヒット
カードをひくアクション。

・ スタンド
カードをひかないアクション。ステイともいう。

・ デッキ
ジョーカーを抜いた52枚のトランプ一組を指す。デックともいう。

・ ハウスエッジ
バンカー役に賭けて勝利した場合に、徴収される配当の5%分を指す。

・ ナチュラル
プレイヤー役、バンカー役ともに最初の2枚合計が8もしくは9の場合に、ナチュラル8もしくはナチュラル9とよぶ。

 

だいたいこれらを覚えればOKでしょう。あとは、絵柄カードであるJ、Q、Kをピクチャーとよんでいますから、覚えれば基本の専門用語は完璧ですね。

ベットエリアについて

バカラ オンライン画面 ベットエリア

バカラのテーブルをみると、さまざまな文字や線が表示されています。ガイドに従ってチップを置けば、ゲームに参加することとなるのです。ベットエリアとはチップを置く場所のことですね。

バカラのベット方法は3通りとなります。バンカー役へのベット、プレイヤー役へのベット、そして引き分け(タイ)へのベットですね。それぞれが表示されているエリアにチップを置けばOKです。

 

ベットに対する配当

プレイヤー役にベットした場合の配当は2倍(ベット額を含む)、バンカー役にベットした場合は1.95倍、引き分け(タイ)にベットした場合は8倍(ベット額を含む)を得られます。

バンカー役にベットすると、ハウスエッジとして5%が徴収されるので、不利に感じるかもしれませんね。ただし、バンカー役はプレイヤー役の出方をみながらアクション出来ますので、若干ながら勝率が高いこととなります。参考にしてください。

 

それぞれのアクション・ルール

プレイヤー役、バンカー役、それぞれに一定の条件でアクションが規定されています。ここで内容を記載しましょう。知っておくと、いろいろ役に立ちますよ。

・ プレイヤー役
ディーラーから最初に配られた2枚の合計(下一桁)により、とるべきアクションが定まっています。カード合計が0、1、2、3、4、5となる場合にはヒット(カードを引く)。6、7となる場合にはスタンド(カードを引かない)。そして、8、9の場合にはバンカー役が8、9とならなければそのまま勝ちが決定。バンカー役が8、9ならば勝負します。

・ バンカー役
ディーラーから最初に配られた2枚の合計(下一桁)が0、1、2の場合にはヒット(カードを引く)。3となる場合には、プレイヤー役が3枚目をスタンドするならばバンカー役はヒット。プレイヤー役がヒットの場合には、そのカードが8である場合にバンカー役スタンド。8以外ならばヒット。

カード合計が4となる場合には、プレイヤー役がスタンドならばバンカー役はヒット。プレイヤー役がヒットの場合には、そのカードが0、1、8、9の場合にスタンド。2、3、4、5、6、7の場合にはヒット。

カード合計が5となる場合には、プレイヤー役がスタンドならばバンカー役はヒット。プレイヤー役がヒットして、そのカードが0、1、2、3、8、9ならばスタンド。そのカードが4、5、6、7であるならばヒット。

カード合計が6となる場合には、プレイヤー役がスタンドならばバンカー役はヒット。プレイヤー役がヒットして、そのカードが0、1、2、3、4、5、8、9ならばスタンド。そのカードが6、7であるならばヒット。

カード合計が7となる場合はスタンド。

カード合計が8もしくは9となる場合は、プレイヤー役が8、9でなければその時点で勝ち決定。プレイヤー役も8、9ならば勝負。

 

 

バカラの基本戦略について

バカラ 戦略 攻略法

バカラをプレイするうえで、基本戦略を知ることはとても大切です。事象に対する出現確率を記載しましょう。バンカー役の勝ちは45.85%、プレイヤー役の勝ちは44.62%、引き分け(タイ)は9.51%となります。

この数値から見えるのは、引き分け(タイ)ベットは確率が低すぎることですね。配当が高いからといって引き分けを選ぶのは、あまりにも無謀でしょう。また、バンカー役とプレイヤー役の数値をみると、その差はわずかです。どちらを選ぶかは、勝負の波を見極めることで判断してください。

バカラでは出目表(罫線)が設定されており、ライブバカラではゲーム参加者に見やすく表示されているでしょう?これを見れば、短期的な勝負の偏り(かたより)を読み解けますよ。参考にしたいものです。

勝負の偏りを見出せない場合には、バンカー役を選ぶのがセオリーとなります。出現確率の高さを信じるしかないでしょう。

 

ベッティングシステムについて

資金を管理する攻略法がベッティングシステムとよばれるものです。バカラは勝率の高いゲームですから、ベッティングシステムの活用は非常に有効となるでしょう。

代表的なベッティングシステムにマーチンゲール法があります。ルールは簡単で、負けたら倍賭けすればよいのです。勝負に連敗しても一度の勝ちで取り戻せますから、守りの戦略として知られる方法ですね。

いっぽう、攻めの戦略とされるのがパーレー法です。こちらは勝てば倍賭けをするものであり、連勝すれば短時間に勝ち金を増やせます。負ければベット額を失うこととなりますが、資金のすべてを失うわけではなく、あくまでワンサイクル分のみと考えれば気が楽ではないでしょうか?

 

ボーナスの活用について

オンラインカジノでライブバカラをプレイするならば、基本戦略の一つにボーナスの活用を考えるべきでしょう。バカラはボーナス条件のクリアをめざす際に厳しめの設定が多く見受けられますが、すべてのカジノで禁止ゲームに指定されているわけではありません。

ボーナスは、カジノサイトへの登録や初回入金の際に申請をすれば受け取れます。軍資金を少しでも増やすことがギャンブルを勝ち切るポイントでしょう。ボーナスの有効活用をめざしてくださいね。

 

まとめ)バカラのルールとやり方、基本戦略

バカラはシンプルなルールですから、飽きずに楽しめるカジノゲームです。あまり頭脳を使わなくてもゲームに参加でき、運任せのプレイも可能でしょう。しかし、少しでも勝率のアップをめざすならば、基本戦略を身に付けることがセオリーですよ。

オンラインカジノゲームの種類とルール、基本戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です